So-net無料ブログ作成

ダーツのレーティングの分布とブルの本数 [レーティング]

ダーツのレーティングの分布とブルの本数


ネットで調べていたところ、ダーツライブの会員数は2013年に20万人を突破したと書いてありました。
(ライバルのフェニックスについては不明)


また、内訳として、大ざっぱですが、


AAフライト(Rt13以上) 約10%
Aフライト(Rt10~12) 約15%
Bフライト(Rt6~9) 約50%
Cフライト(Rt 0~5) 約25%


だそうです。Aフライト以上が約25%。
約5万人もの上級者、プロ級がいるのは意外です。


4人に1人はAフラなら、ダーツってそんなに簡単なの?って勘違いしそうです。>< 
そう思って投げたらたちまちAに到達する人もいるんじゃないか・・・。


私自身、ここ1年半程Rt 7と8の間を彷徨ってます。
Rt5レベルからRt8レベルまで達するにも2年くらいかかりました。


というか、2年間全くRt5レベルから横ばい状態でした。
センスがないからもうやめようと思っていました。


ある日、ちょっとした気づきがあって、フォームが決まり、
一気に3本に1本BULL(真ん中)に入るようになり、そこから1か月、急に上達しました。



今は調子が良ければ、瞬間的にですが、AAレベルの数値を叩きだすこともあります。



次の課題はRtを上げるという風に考えるよりも、調子のブレ幅をどうやって減らし、
BULLの的中率を増やしたらいいかということを考えています。


ちなみにこのBULLの本数とレーティングなのですが、
上級者として高みを目指す場合の目安として(ダーツライブの場合)、


レーティング=カウントアップ24投中のブルの本数


と単純に考えてもいいことが分かりました。
Rt8の場合、単純に8本。つまり、3本に1本はブル。
分かりやすいですね。


AフライトであるRt10クラスの実力を持つためには、
24本中10本は真ん中に的中することを目標とすればよいということですね。
たった1本、されど1本。レーティングってなんて紙一重なんでしょう!


ブルの本数、これをぜひ意識して今後上を目指していきたいものです。


【関連記事】

[次項有]ダーツのレーティングが高いメリットは?


[次項有]ダーツのレーティングは気にしない!?


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ




今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...