So-net無料ブログ作成

ダーツの通過点を一定にすると [ダーツと気づき]

ダーツの通過点を一定にすると


前に投げた時に、好調だった時のフォームを思い出しながら練習を始めたのですが、
立ち上がりが悪く、カウントアップをやっても500点すら越えないことがあります。



・・・ごめんなさい、いつものことです。(笑


そして、あがきながらシンドいダーツを投げるのもいつものこと。
ほんとね、まるでブルを避けるように、1ビット差でなんで刺さるかな~?って話です^^;


でも、シンドいダーツも耐えていると、後半にいいことが待っているものなんです(*´ω`*)



スポンサードリンク






■基本を忘れるから不調になる。



不調だったので、カウントアップに1時間半を費やたところで、


ブルに狙いをつけて、ダーツを最初にセットアップした手の場所からテイクバックした後、
もう一度最初にセットアップした再び手の場所のあたりでダーツをリリースすると、
ダーツは、狙ったとおり、ブルに向かって飛んでいき、命中することが多いことに気づきました。



「セットポイントはリリースポイント」



という、ダーツの基本中の基本ともいえるとてもシンプルな原則を忘れていました(^^;


このシンプルな原則にだけ集中することで、
グリップやスタンスは特に意識しなくてもよくなったのが不思議でした。


最初にブルに狙いを付けるときに、チップの先がブルを示しているか少し確認する程度。



■余計なことを考えなくなり、自分のダーツに集中できるようになって、絶好調。




残りの1時間をオンライン対戦にあてたところ、
01ゲームで、MAXで100近いPPG(1ラウンドあたりの点数の平均値)がでました。
しんどかっただけにとても気分がいいです。


とはいえ課題もありまして・・・。


セットポイント=リリースポイントという原則を思い出しても、
リリースのタイミング(リズム)が一定ではないので、まだまだ改善しなければならないなと思いました。


特にダーツをリリースするタイミングが遅いと、ダーツはほとんど的の下にしか飛んでいかないのは、
なんとかしたいところです。


それに、疲れてくるとヒジがブレたり、震えたりしてきてしまうので、
セットアップポイントとリリースポイントがズレてしまう問題もなんとかしたいところです。


しかし、今日はシンプルなのに、とてもパワフルな気付きがあって、
なんだかまた一歩Aフライトに近づいた気がしました。



【関連記事】

[次項有]ダーツを安定して投げるには!?(リズムプレイ)


[次項有]ダーツでヒジを真っ直ぐ立てて構える簡単な方法って?


[次項有]イチ、ニのサン!で投げてみる。決まったリズムでダーツを投げる簡単な方法


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ




今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...