So-net無料ブログ作成
検索選択

ダーツは手首が命? [ダーツと気づき]

ダーツは手首が命?



日本のプロのフォームを見ていると、
リリースからフォロースルーに至るまでに手首を返してますよね。


そのプロのフォームを真似て、多くの初、中級者もまた、
投げた後手首を返しているのを見かけます。


投げた時に手首を返さず、手のひらが的と対面している状態は、
矢を置きに行っているように見えることから、
「置き投げ」と呼ばれ、上級者程嫌う傾向にあるようです。


とはいえ、リアルな試合では、どんなに格好悪くても、
気持ちでブルにぶっこんだ者勝ちなところがありますし、


置き投げをゲーム中にやったからといって、
他人はそこまで自分に関心があるわけ、ないんですよね(笑


ダーツに自意識過剰は禁物。気軽な気持ちで投げ続けていれば、
次第に手首の力が抜けて、投げた流れで手首がかえるものだと思うんですね。
というか、そもそも手首は必ずしも返す必要があるんでしょうか?


スポンサードリンク






■SWINGか?PUSHか!?



ダーツの投げ方は大きく2つに分かれると思います。


腕を振って投げる=スウィング型と、
腕を押すように投げる=プッシュ型に分かれます。


どちらかに100%偏る人は少なく、
多くの人は、無意識のうちに、振る行為と押す行為をブレンドしながら矢を投げているので、
自分の投げ方は、この2つのどちらの比率が高いかということになります。


■それぞれの特徴



スイング型は、肘を支点にして、腕を振ります。
リズムを取りながら投げる人が多いのは、矢のリリースポイントが、一定でなければ、
狙った所に入らないからです。


点(一定のリリースポイント)で投げるダーツと呼ばれたりします。


外人選手に多いと言われていますが、
次の動画を見ると、必ずしもそんなことはないと思います。


#6【Leonard E Gates VS Paul Lim】THE WORLD 2015 STAGE 3 FRANCE -FINAL MATCH-



これは、今年のTHE WORLD STAGE3 フランス大会決勝の動画です。


対戦しているのは、
ポール・リム選手と、レオナルド・E・ゲイツ選手です。
二人の投げ方は、対照的です。


まず、レオナルド選手のスローイングを見てみますと、
同じリズムを取りながら、腕を振るように投げています。


レオナルド選手の試合展開を見ていると、
リズムさえ合えば、常に同じ所にグルーピングし、爆発力のあるダーツをします。


反面、何らかの拍子にリズムを狂わされると途端に入らなくなり、
クリケットのスタッツがプロらしからぬ程低くなってしまうのが欠点です。


コントロールを利かせるためには、手首の柔軟性が必要とは思われますが、
脱力しながら腕を振れば、手首は自然に反るので、
意識すべきは、脱力ということなんでしょうね。


一方、相手のポール・リム氏は、ダーツの世界では知らない人はいないくらい
生ける伝説となって久しい選手。


リム氏の投げ方は、どちらかというと矢を押して投げていますね。
プッシュして投げるためには、人間の骨格からしてスウィングの様に、
肘は固定しながらは無理なので、


肘は逆に柔軟にしつつ、矢を離す時に、肘が少し跳ね上がる形になります。


逆に、手首を意識的に返すどころか固定されていて、
投げ終わると手首から指先が真っ直ぐ伸びている印象です。


振るよりも押す方が、矢に力がかかりやすいので、
ちゃんと脱力しないと、左右に大きく矢がぶれてしまうのが欠点です。


矢を”気持ち”を込めて投げる人は、プッシュした方が投げ心地がよいのではないかと私は思いました。


■スイングとプッシュの比率は投げているうちに変わっていくもの



スイングとプッシュの比率って、投げ方によって自然に決まってくるものだと思っています。
自分にとって今のところ一番自然な投げ方が、たまたまスイング寄り、プッシュ寄りだったということです。


また、手首は返さなければならない、肘は絶対に動かしてはならないというよく言われるダーツの常識は、
スイング、プッシュによって非常識だったりするので、


自分にとって自然なフォームに意識を傾けた方が上達が早いのではないのかと、
動画を見ていて思ったことでした。


関連記事



[次項有]手首にスナップをかけてダーツを投げるのは有害?

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、
ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログパーツ
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

暇ならダーツ

こんにちは。

私は、以前はプッシュ型でしたが今はスイング型になっています。
スイングの方が調子が崩れた時に修正が効きやすいのがいいと思います。
JAPANの村松治樹プロやPERFECTの西哲平プロを真似て練習してました。リズムがつくれて投げやすくなりました。
プッシュ型は『狙う』感覚というか意識を持てるのが良かったですが、もぅ横ズレ連投で…。
いつになったら上手くなるの?と泣きそうになりながらダーツしてました。

手首をかえす…
私はフォロースルー時に目標にむかって真っ直ぐ腕を振ってそして手首をかえす、この意識を持って練習してます。
バッチリくるとハットが連発します。
ただ、4フィンガーなので指のかかりが悪いとあさっての方へ飛んでいってしまいますが(泣)

WORLDのフランス大会みました。やっぱり自分にあったフォーム、飛ばし方を見つけて身に付ける事が大事ですね。
余談ですが、外国人プレイヤーで指を舐める人が多いですね。
ちょっと潔癖症な私には、チェンジボタンが気になってしまいそうです(笑)

では、また。
by 暇ならダーツ (2015-08-15 15:11) 

福田福

>暇ならダーツさん
コメントありがとうございます。
4フィンガーのスイング型なんですね。
ゲイツ氏もそうでしたが、スイングはリズムが命のようですね。

ゲイツ氏…あれ、指舐めてたんですか。
ツバがグリス代わりになるんでしょうかね。
自分も気になりますね。

さすがに行きつけのダーツバーには、
指なめ禁止の張り紙はされていませんでしたが。(笑
by 福田福 (2015-08-16 01:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。