So-net無料ブログ作成

ダーツは歯を食いしばって投げるもんじゃない。 [ダーツとメンタル]

ダーツは歯を食いしばって投げるもんじゃない。


力みの原因は、歯を食いしばっていたからってオチはないでしょうか?



■ダーツに力みはご法度です。




試合に出ても、いつもの練習と同じように投げることは理想です。


試合で勝つためには、相手のメンタルをくじくのもダーツであるため、


自分や相手がされて嫌なプレイをすることで、
自分を有利な展開にもっていくことが勝つために必要だと思います。


Bフライトは、まだまだ下手くそプレイヤーなので、
自分の思い通りにならない展開ばかりだと思います。


力みは、思い通りにならないイライラから生まれるものです。


気づけば、体が前のめりになりすぎていたり、
リリースポイントが自分が思うよりも遅かったり、
しまいには、自分には運やセンスがないと嘆いてみたり、と(笑


思い通りにならないイライラで、気づけば、歯をくいしばってダーツを投げていませんか?


スポンサードリンク






■今にもヨダレが垂れそうな勝見プロの表情







力まないように投げることは、まずムリだと思った方が楽になれます。


「俺、今、すごくイライラしてんな~」
ってまず潔く認めてしまえばいいんです。


イライラしてる自分を否定するのは最悪。
余計、自意識過剰になっちゃうんですよね。


自分はイライラする前から、動画の勝見翔プロをイメージしながら、
口を「ア」か「オ」の字に軽く開けて投げるようにしています。


勝見プロが意識してるか、してないかは知りませんが、
口をヨダレが垂れてきそうなくらい(失礼!)開けて投げているのは、


常にリラックスして投げるための方法の1つだと思うのです。


口を開けなくても、口をとじたまま、奥歯がくっつかないようにすれば同じです。


どうでもいいことですが、
私はこのブログを書くとき、口を半開きにしながら書いています(笑


【関連記事】

[次項有]・孤高のダーツプレイヤー!?勝見翔プロの進化するフォーム。

[次項有]・ダーツのリリースで参考になる動画

[次項有]・ダーツの通過点を一定にすると

[次項有]・ロボのように正確なダーツを投げる浅田斉吾プロの練習方法とは(PERFECT 結果

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

フィル信者

ダーツで口を開けるのは、伸筋群が優位に働いているからだというのを何かで読んだ気がします。海外だと、エイドリアンルイスが開いてますねー。そして、我が神フィルテイラーは、目を大きく開きます。これも伸筋の働きの一部らしいです。嘘かホントかはわかりませんがね(笑)
by フィル信者 (2015-10-07 18:40) 

福田福

>フィル信者さん
さっき、YouTubeで、フィル・テイラー対エイドリアン・ルイスの試合みました。フィル・テイラーが目を見開くのは、投げる時に気合を入れているからだと思っているのは自分だけでしょうか?(笑
by 福田福 (2015-10-07 22:32) 

矢速命

こんばんは、矢速命です。
ダーツ歴7ヶ月目・・初心者で下手くそです。

いつも鬼気迫る表情でダーツ投げてます。
お店の人が自分の動画を撮ってくれたのですが
我ながら怖いです。

勝見プロは脱力しながらテイクバック、
そして一瞬力を入れてリリース、
力の入れ具合が見ていてわかりやすい方ですね。
尊敬するプロの一人です。

自分の勘違いかもしれませんが、斜め前から見ると
勝見プロは、セットアップからダーツを傾けながら
テイクバックしているように見えます。


実はこれにヒントを得て
「チップの先を的に向けなくてもいいのではないか??」
と思うようになり、自分は早くからダーツを縦方向に傾けて
セットアップしています。
シャフトやフライトで視界を遮らないし、
ダーツは思ったより真っ直ぐ飛んでくれるので
ストレスが軽減されました。

Rt.4からRt.9までは一気にきましたが、これの
おかげだと思うようにしてます。

Rt.9になってから辛いです。
いつもAフライトの人達に対戦を挑まれては
ボコボコにされる毎日で、全く勝てません。

そっとしといて欲しいのに・・
ノーと言えない日本人の自分が嫌いです。



全然上達している気になれないです。
運もセンスもないのかも・・
と、今日も落ち込んで帰ってきました。


いつも福田さんの記事に希望をもらってます。
本ブログを参考に頑張って練習します。
またの更新、お待ちしてます。

by 矢速命 (2015-10-07 23:18) 

福田福

>矢速命さん

勝見プロは手首を前に向けられないA2タイプといわれています。


構えると的に対して矢が斜めに向きますが、
リリースポイントでしっかりと矢を離すことができれば、


離す瞬間、
手が前を向くので、結果的に矢は狙った方へと飛んで行くんですよね。そして、斜めだった矢に空気抵抗で左回転がかかり、
矢飛びが逆にシャープになるというオマケまでついてきます。


今だと、浅田斉吾プロをはじめ、トッププレイヤーには左回転が無意識にかかっているプレイヤーが多いのだそうです。


Aフラから勝負を挑まれるなんて、自分としては羨ましい限りです。
上級者が相手だと、負けても相手が早く上がってくれるおかげで、
前半調子がいいと、自分のレーティングも上がりやすくなるって小賢しいことを考えてたりします(笑


個人的には、Rt8くらいに挑まれるのが一番いやです。
自分はうまくなった感がないのが、かれこれ1年以上続いていますから、あまり気になされないように。
by 福田福 (2015-10-08 00:01) 

フィル信者

確かに、フィルは気合い入れてるのかもしれませんね。あのレベルになると、ブルを見てカッ!!っと目を開けば勝手に矢がブルに入るような体になっているのでしょう。
by フィル信者 (2015-10-08 18:54) 

福田福

>フィル信者さん
ですね。見開く=20T なんですよね、きっとw
by 福田福 (2015-10-08 23:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...