So-net無料ブログ作成
検索選択

ダーツで力むのは、グリップのせい? [Bフライト転落からの逆襲]

ダーツで力むのは、グリップのせい?


前回から、Bフライトに転落してから、再びAフラ以上にのし上がっていくためにブログを書いています。


何らかの理由で、不調になるのはしかたがないし、考えてもしかたがないので、
ダーツを外してしまった自分を許すことで、メンタルへの負担を減らそうということをお伝えしました。
(興味がありましたら、ぜひ一読ください^^)


[次項有]前回記事:ダーツが入らない自分を許しながら投げるとうまくいく。


不調の時は、原因が何なのかを考えすぎるあまり、
いつものフォームについてアレコレとイジろうとしたり、新しい方法を加えてしまいがちですが、
イジったり、こだわったりすることで、余計に力んでしまう。


ところで、この「力み」は一体どこからきているんでしょうか?



肩?



ヒジ??



もしかして、ダーツをグリップしている指先や手の平かもしれません。


スポンサードリンク






■手の平と指が力むと矢は暴れる



ダーツで大切なのは「グリップ」であると信じている方は多いと思います。
ダーツをしっかりとグリップできているからこそ、ダーツはブレなく飛んで行くのだと。


確かにそれは合っていると思います。


ただ、グリップという言葉が「握る」っていう意味だからといって、
ダーツを意識して強めに持ったり、握り込んでしまっていませんか?


ダーツがすっぽ抜けていくのを怖がるあまり、
矢を強く握りこみすぎてしまうと、リリースが遅れるもとになります。


思うに、ダーツのグリップというのは、


ダーツを特に何の意識もせずに持っている手の状態のコトなんじゃないか?


ということです。


グリップという指先の細かいところに意識が行っていたり、こだわっている時、
指先や手の平に力が入っていませんか?


ダーツの矢は、握り込むべきか?、指先でつまむべきか?
、ということを考えたことは私もありますが、


ダーツを持った時から、手首から先に力が入ってしまうなら、
どちらもあまりよろしくはないと思っています。


なので、例えば、握り込むスタイルであれば、
ダーツをやさしく「包み込む」くらい手にかかっている力を抜いてグリップしてあげたほうが、
力みが軽くなると感じています。


■グリップとは、握るではなく、はめること?



世の中に出回っているダーツのバレルには、だいたいどこかに、カット(刻み)があるので、
バレルを握る、というよりも手の形に「ハメて」あげるだけで、十分グリップできていたりします。


そして、ダーツが手に「ハマった」状態のまま、ダーツをテイクバックしようと腕を手前に引くと、
人体のクセで、親指と人差指が少しだけ締まるようになってるので、グリップは自然とできてると思うんですね。


好みや手の大きさなど、人によって違いますが、
少なくとも、ダーツを前か後ろかどっちを持つかさえ決めてしまえば、
グリップについて、あとは深く考えないでいいと私は思っています。


逆に、グリップにこだわることで、セットアップの時からそもそもカラダが力んでますし、
その後のテイクバック、リリースも力んで行うことになってしまい、気持よく腕が前に出せなくなってしまいます。


不調の時、グリップに原因を求めているのなら、
グリップの位置などを変える前に、指や手の平に力が入っていないかを確認してみてください。


指や手の平の力を抜いた状態でダーツをグリップ・・・というよりも矢を手の形に沿って「ハメる」ようにダーツを持っただけでも、かなり結果が変わります。


そして指先や手の平の力を抜いてあげると、腕やヒジ、肩などの力みも不思議と軽くなります。
軽くなったところで、ダーツを投げてみると、不調なりにもブレが前よりも収まっていきます。


せっかくまっすぐ飛んで行くはずの矢が、
指のせいで暴れたり、ブレたりしているのはもったいないです。


何回投げても力が抜けない時、矢をグリップ(握り)過ぎていないか?
不調の時にチェックしてみてはいかがでしょうか?^^


【関連記事】

[次項有]ダーツでヒジに負担をかけない工夫とは?


[次項有]ダーツが入らない時、背筋を伸ばして姿勢を正す2つのメリット。


[次項有]ダーツが入らない自分を許しながら投げるとうまくいく。


[次項有]ダーツは肘(ヒジ)を伸ばして投げると気持ちいい!


[次項有]ダーツは手首が命?


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ




今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

k

こんばんわ^ ^

グリップ難しいですよね、、、
最近肩抜きぽいことができてきた?気がしてるんですが、どうも指先が気になると思って、第2関節から第1関節に持ち替えて気持ちよく投げれるようになりました^ ^
入らないけど引っ掛かりがなければいいかなと笑

自分ダーツを引くときにどうしてもクセでリリースポイントから首下に引いてしまうんですが、何かいい方法ってありますか??(^^;;

本当は真っ直ぐ(肩に)引いて投げたいんですけどなかなか(^^;;
意識するとリリースのタイミングでビクッてなってしまって、、、(T_T)

ひたすら投げるしかない、、、ですよね?>_<
by k (2016-06-27 23:41) 

da-fuku

>kさん
コメントありがとうございます^^
肩抜き、というか、肘引きは、バレルの前の方を第一関節で持った方がうまくいくと私も最近気づきました。

>自分ダーツを引くときにどうしてもクセでリリースポイントから首下に>引いてしまうんですが、何かいい方法ってありますか??(^^;;

>本当は真っ直ぐ(肩に)引いて投げたいんですけどなかなか(^^;;
>意識するとリリースのタイミングでビクッてなってしまって、、、(T_T)

>ひたすら投げるしかない、、、ですよね?>_<

kさんにとっては自然な腕の動きの事だと思われますし、
その癖を活かして気持ちよく投げれる方向に体の使い方を考えていく方が楽しいと思います。矯正的な投げ方で嫌々投げ続けると、イップスの原因になってしまうのでは?^^;
by da-fuku (2016-06-29 00:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。