So-net無料ブログ作成

オンラインダーツでよく見かけるクリケット戦略 [クリケットの戦略]

オンラインダーツでよく見かけるクリケット戦略


オンラインでクリケットをやっていますと、対人対戦以上に、色んな攻め方を見かけます。


戦略の中には、まだ自分がほとんどクリケットナンバーに矢を当てられない頃には、
これってマナー違反なんじゃないか?と腹が立ってくるものもありますが、


段々、当てられるようになってくると、
相手がどういう意図でこの様な戦略に出ているのか?
と冷静に考えられるようになり、


相手の意図を見破って、策を破る快感すら得られるようになってきます(笑
このブログの読者様の中にも、すでに経験された方も多いと思います。


ある意味、「ダーツあるある」にもなりつつある奇策(秘策?)をまとめてみました。


スポンサードリンク






■ひたすら加点パターン



・オープンしたナンバーにひたすら点数を盛っていく人。

・15~20ラウンドをフルに使い、最後に点数が多いほうが勝ちという、
 パワフルな攻め方。

・時としてオーバーキル(相手との点数差が200点以上になってこれ以上加点できない状態)
を目指して相手の闘争意欲を完全に粉砕しかねない攻め方


試合を意識すると、Bフライトだと最後のブルまで辿りつけないことがよくあるので、
加点重視の攻め方というのは、個人的にはありだと思います。


弱点…というべきなのかは分かりませんけど、
負けず嫌いな相手にこの戦法を仕掛けると、相手もテンションが上って、
いつも以上にトリプルが出たりして、逆に競り負けてしまうこともあるような気がします。


■カット重視パターン



・相手が開拓した陣地をひたすら潰していく方法。

・クローズしたナンバーが相手の得意ナンバーだと有効な攻め方。


もしかすると、割りと神経質な相手なのかなぁ?って私は投げていて感じます^^;
基本、上の盛るパターンとは逆なので、後手に回ることもしばしば。


相手がBフライトだと、
もしかして点数が高いほうが勝ちというクリケットのルールを知らない人なのかなぁ?と
疑ってしまうのは私だけでしょうか?^^;


個人的に、点数が1、2マーク差上回っている状態で、
3投目をカットに(しかもトリプル狙い)使うというのは、
プロでもない限り、かなり無理な攻め方なのだと思います。


でも、ダブルスで一方が加点重視、一方がカット重視という感じで、
ペアの中で役割分担ができているような場合だと、有効な戦法だと思います。


■相手の陣地をカットせずにひたすら自陣オープンパターン



個人的な印象ですが、外人と対戦してるとよく仕掛けられます。


例えば、相手が先に20をオープンし、私が19をオープンしたとすると、
セオリー通りなら、相手は20に加点しつつ、私の19をクローズしにかかるはずなのですが、


19をクローズせず、その後、18、17と、私の陣地を無視して、
ひたすら自分の陣地を開拓していくんですね!


そして、私が19に手こずる中、相手はブルまでオープンしてしまいます。
私が不調だとお手上げです^^; 


さらに、この後、私を挑発するかのようにすぐに19を閉めずに、
加点を始めてしまうので、


最初の頃は、マナーとしてどうなんだろう?って結構イライラしてました^^;
相手に完全に遊ばれてしまっている状態ですね。


今は、3本の内1本はトリプルに入ることも多くなりましたので、
こういう相手に対して、加点される前に、19でオーバーしつつ、
相手の陣地を少しずつクローズしていってあげると、


相手は急にダーツが入らなくなって、最終ラウンド辺りで形勢が逆転することもあり、
策を破った快感も味わえるようになりました^^


■いきなりブルからオープンを始めるパターン



いきなりやられると、一瞬、相手が初心者なのか、奇策なのか、
「あれ!?」って思います^^;


ブルは最後の逆転勝ちにも使われるところですし、
今まで順調だった人が、ブルで不調になることもよくあるので、
いきなりオープンされると、内心複雑な気持ちです。


確かに全てのシングルナンバーで一番点数が高いところなので、
ブルが得意な人は、ここから攻めるのもありだと思います。


ただ、やはり他のナンバーの方がセグメントが大きいし命中しやすいし、
ブルはダブルブルに入っても50点なので、あまり有効な方法とは思えないので、
私は…やりません^^;


■19キラーなど、得意ナンバーから始めるパターン



例えば、20よりも19の方が得意で、トリプルに入る可能性が高い方の場合、
結局、こちらのほうが点数が稼げるわけなので、


何もセオリー通り20から狙わなくてもいいじゃないか?ということなんですよね。


ベットが炸裂すると、本当に強いですよね。


ただ、得意ナンバーが少なくて、そこをクローズされた途端に弱くなってしまうとちょっと残念です。^^;


ひたすら同じナンバーに加点して、相手と大きく点数を離すことで、
得意ナンバーを死守するという方法が必要になってくるんじゃないでしょうか。


■ぜひ、対人でも再現してほしい!



以上が、私がオンラインでダーツをやっていて見かけたクリケット戦略です。


オンラインで投げているとこれだけ面白い戦略が出てきますが、
対人で投げていますと、これらの戦略はほとんど姿を消してしまい、


8割方、クリケットのセオリー通り、20からBULLという順番で、
自分の陣地を開拓し、守りつつ、余裕があれば相手の陣地をクローズしていく、


自分の点数の方が少なければ、
相手の点数をオーバーしてから、相手の陣地クローズにチャレンジする、


という投げ方に変わってしまうのは、不思議なものです^^


奇策をすることで、
相手にマナー違反だとか思われたり、言われたりしたくないという心理が働くからなのでしょうか?


私は元々基本的な攻め方が好きなので、
セオリー通りの攻め方をするか、試合を意識して、
どちらかというと加点重視の攻め方をすることが多いので、なんとも言えません。


ダーツは野球投げや、スローラインから足がでなければ、
基本どんな投げ方、攻め方をしても自由ですし


セオリーを踏まない攻め方をすることで、相手のペースを乱すことができれば、
それこそ思惑通りだなって思います^^


なので、リアルな対人でも、
自分らしいクリケットの攻め方をする人がもっと増えればいいなって私は思います^^


【関連記事】

[次項有]ダーツのオンライン対戦で気をつけること


[次項有]クリケットのスタッツ底上げ戦略


[次項有]ダーツで全てのターゲットをブル感覚で狙ってみた。


[次項有]ダーツのクリケットは、投げやすいターゲットから狙っていく方がうまくいく。


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ




今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

k

こんばんわ!
クリケはいろんな攻め方があって楽しいですよね(=゚ω゚)ノ

ただ友人のキャッチ力に心折られたことが多々あります笑

20トリ、19トリ狙いからの16トリ、20トリ加点狙いからの18トリは鬼だって思いました笑
by k (2016-09-03 18:44) 

da-fuku

>kさん
コメントありがとうございます^^
キャッチ・・・天然って戦術ってことですか^^;
初心者とダーツ投げると19、17トリはよくありますよね。
20狙ってて18トリ刺さるのは、今でも私はよくあります^^;
by da-fuku (2016-09-03 22:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...