So-net無料ブログ作成

ダーツが左右にブレてもブルってしまうズルい方法とは!? [ダーツと気づき]

ダーツが左右にブレてもブルってしまうズルい方法とは!?


例えば、ブルを狙ってダーツを投げると、矢が左側に偏って外れてしまいやすいとか、
右側にばかりいってしまうとか、ダーツをする人それぞれの癖の様なものってありますよね?


私は右利きだからなのか、スローラインのセンターに立って投げると、
結構な割合で矢がブルの左か左斜め上あたりに、嬉しくないグルーピングをすることがよくあります^^;


ここでダーツを投げる人にとっては、

1 癖を修正する。

2 癖を活かす。


という2択を迫られるわけなのですが、
日本人は、修正しようという傾向が、外人は、活かそうという傾向が強い印象を私は感じます。


このブログは、どちらかというと外人プレイヤーの良さを取り入れ、
自分の体の特徴や、癖に合った投げ方をしようという趣旨で記事を書いてますので、
「2」の癖を活かすって方で何かいい方法はないかな~?ということで、


どうせなら、ぶっ続けで投げてて、集中力が切れて、自己修正できなくなってもブルに入っちゃうような、
ズルい方法なんてのを企んでみたわけです(笑


スポンサードリンク






■スローラインに立って何も狙わずに腕を自然に伸ばしたらどっちに伸びますか?




さて、いかがでしょうか?


別にスローラインに立たなくても、普通にどこでもいいので、立ってみて、
例えば目線の先にブルがあるのに、自分の肩から先、腕はどっちに伸びてるでしょうか?


右利きの私は、「左」に伸びます。
左利きの人は、「右」に伸びる人が多いんじゃないかな?と。


何が言いたいかというと、


例えば、ホントは最終的には左に腕が伸びたり、倒れたりするのに、
意識、無意識関係なく、ブルを狙おうとして右に倒そうと修正してしまうということです。


■左右に偏るなら、偏りを利用してしまえばいい




ダーツを投げる時、スローラインの真ん中に立たなきゃならないってルールはないのですが、
直線距離でブルとの距離はセンターが一番近いのは確かだからという理由で、
センターに立っているということなんですよね?


でも、それだとどうしても腕やヒジの修正が必要になってしまいます。


ダーツを投げる以上、必ず疲れてきて入らなくなってくることも頭に入れた投げ方というのが、
必要なのではないでしょうか?


例えば、私のように左に偏るなら、センターから半歩くらい「右」にスタンスして投げればいいということです。


逆に右に偏るなら、半歩「左」にズレてスタンスすればいいのです。
真ん中にこだわる必要はないんです。


元々投げたら左に行ってしまうなら、無理して直さなくても、
それがご自身にとっての本当の「真っ直ぐ」なわけです。


緊張したり、疲れたりしたときが、
良くも悪くも自分のダーツのクセがでる時です。


クセに応じて、左右どちらかに半歩ズレてスタンスして投げるだけなのに、
結構ズルいくらいにハットトリックが決まっちゃう事って増えるんですね!


BフラもAに近くなると、3本とも片手で束にして矢が抜けるくらい近いところに刺さるようになると、
尚更効果的になります。


右利きの私にとって一番理想なのは、
1本目がブルのリング内の左に刺さって、矢が壁のようになり、
2本目、3本目が壁になった矢を利用してブルになることです。


ハードの世界では、これをスタッキングといって、戦略の一つとして当たり前のように利用しています。
(ソフトの場合は、厳密にはスタッキングないと言われてますが・・・。)


また、センターで投げると、矢が飛びすぎて上に行ってしまうという方も、
少し左右にズレることで、的までの距離が、いい意味で少し遠くなることで、
丁度ブルに刺さる距離になったりします。


■ズルい!?ヘロヘロになっても、ブルに入ってしまう!




先日、龍が如くというゲームとDARTSLIVEがコラボの企画で、
カウントアップ30000点チャレンジというのをやっていたことで、


カウントアップの加点累積30000点を達成するために、
3時間ほぼ休みなく投げ続けました。(普段はやりませんが…^^;)


ずっと投げ続けてましたが、最後まで500~800点を維持して投げ続けれたのは、
やはりスローラインの右側でスタンスして投げたからだと思いました。


ラスト8000点位は、頭もカラダも疲れ果ててますので、
フォームに修正など利かず、ヘロヘロになって投げますから、
カラダが一番ラクをしようとします。


右に立って投げることで、リリースが遅れて、押し込むようなフォームでダーツを投げても、
腕は左に伸び、ダーツも素直に左に行くので、丁度ブルに入るんですね。


ダーツのフォームを自分なりに探っていく時に、
疲れ果ててもブルに入ってしまう投げ方なのか?
長丁場に耐えられるフォームなのか?


というのも、考えておいたほうが、いいのかもしれませんね?^^
参考になればと思います。


【関連記事】

[次項有]ダーツでヒジに負担をかけない工夫とは?


[次項有]ダーツのリリースタイミングはいつも違うのが正しい!?


[次項有]巷のダーツフォームのトレンドを疑ってみる3 粕谷晋(かすやすすむ)プロ


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ




今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

HOPE SL

こんばんは。今回も面白い記事ですね。自分も左に集まりやすいので、右に半歩ずらしてスタンスをとって投げる時があります。狙い通り入ると嬉しいですよね。実は先月初めて大会に参加しました。初の対戦がお立ち台で緊張でガチガチになって燦々たる結果でした。ダーツ友達も増えてきたのでオンラインだけじゃなく対人戦にも力を入れていこうと思ってます。福さんの記事には上達のヒントがたくさん有りそうなのでうまく拾って身に付けられたらと思います。
by HOPE SL (2016-12-11 23:39) 

da-fuku

>HOPE SLさん

コメントありがとうございます^^
初出場がお立ち台なんて凄い体験をしましたね!
オンラインと実際の対戦とでは間合いが違いますし、試合を考えるなら対人対戦で鍛える、だな~って思います。
by da-fuku (2016-12-13 13:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...