So-net無料ブログ作成
検索選択

ダーツの無理なフォームや投げ方に再現性なし。 [フォームの安定]

ダーツの無理なフォームや投げ方に再現性なし。


毎回投げてて思うんですが、
ダーツを投げるってことをもっと簡単にできないものかなぁ?って。


もっと自分の中で簡単にダーツを飛ばせて、


狙ったところに当たり前のように入る、と。


プロの投げ方を見ていますと、上位の人ほど、傍から見てとても単純に投げているように思うんですよね。


「フォームの単純化」


ダーツ上達の秘訣ってここにあるんじゃないでしょうか?


[次項有]【PR】ダーツの効率的な練習法なら「小熊式」






■今一度ダーツの原点に立ち返る




「狙ったところに矢を当てる」、「勝つか負けるか」、「ダーツを楽しむ」


私にとってダーツをやる目的は以上3点です。


この3つの目的を達成するために、
「ダーツフォームや投げ方の単純化」という手段があるというくらいです。


不調時ほど、このシンプルな目的や手段からかけ離れて、
結構無理な体勢やフォームでダーツを投げているなぁって感じます。


無理なフォームや投げ方をしている時って、投げてて気持ち悪いのですぐわかります。


■腕を曲げて前に出すをより簡単に単純に



ダーツをやっているとよく耳にするのが、


「ダーツは結局、腕を引いて、前に倒す(出す)だけ。」


不調な時は、私もここに立ち返ります。


でも、ただ腕を曲げて前にスイングするだけだと、大体いつも違う力で投げてしまうことが多い。


私はここに、


「ダーツは結局、腕をちょっとだけ引いて、手首の返しも使いつつ、ちょっとだけ斜め上に上げる」


こういう動作の時、一番ダーツがラクに投げられると感じます。
きもち良く飛んで入るときは大体これです。


・ヒジを垂直に維持するのがシンドイので、肘は始めから投げ終わりまで肩より下にあります。

・肘が肩より下にあることで、そんなに後ろに腕を引けません。

・腕を前に出すとほぼ矢は下に落ちるので、斜め上に軽く飛ばして上げると丁度ブルに届きます。


フォームにモーションが大きいと、働きかける筋肉が多いので、
ダーツはブレやすくなると信じているからです。


使う筋肉を減らして、モーションを抑える
ダーツのフォーム、、投げ方の単純化で必要なポイントじゃないかなって思いました。


まぁ・・スローラインに立ってこんなこと考えて投げること自体が一番の間違いですから、


考えたり、イメージしたりするのは、自分の席に座っている時、風呂に入っている時、寝てる時にやるもんだということも付け加えておきます(^^;


【関連記事】

[次項有]ダーツは手首が命?


[次項有]ダーツの先を少し上げるだけで楽に投げられる!


[次項有]意識的に休憩をとりつつ余裕のあるダーツを投げる。


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ
今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。