So-net無料ブログ作成
検索選択

風間佑太プロ初優勝!後ろで祈る女性は誰!?(JAPANダーツトーナメント) [ダーツの試合(プロ編)]

風間佑太プロ初優勝!後ろで祈る女性は誰!?(JAPANダーツトーナメント)


JAPAN STAGE10 北海道 決勝
風間佑太 VS 鈴木猛大 (◯3-1)



9月12日に行われた、JAPANダーツトーナメント決勝。


派手なパフォーマンスで会場に愛想を振りまく、エンタメ系ダーツプレイヤーの鈴木猛大プロ。
彼のペースに一体どれだけ対戦相手が巻き込まれ、破れていったのでしょうか?(笑


この日行われた試合では、そんな鈴木猛大プロのペースに惑わされること無く、
終始冷静に落ち着いて(悪く言えば魅せるダーツではない)フィニッシュを決めた、風間佑太プロ。


JAPAN初優勝となりました。


風間佑太プロについてもちろん書くつもりですが、
動画の中で、風間佑太プロが投げている時に、後ろの最前列の席で、しきりに祈る女性は誰なんだろう?
と気になったので一緒に調べてみました。


■風間佑太プロについて



FACEBOOKを見るに、東京都文京区出身の30歳であることは分かりました。


スポンサーはG'sというバレルメーカーがメインのようです。


今年度のJAPANの総合ランキング14位。
最近行われたSTAGE11でも、BEST16入賞を果たしており、
この1、2年位で急激に名を上げてきたプレイヤーのようです。


まだ検索数自体が少ないため、これ以上のよくわかりませんでした。m(_ _)m


■風間佑太プロ 使用バレル



使用バレルは、G'sのSALMという名のバレルです。


【商品スペック】
素材:タングステン90%
全長:41.0mm
最大径:7.2mm
重量:18.0g
形状:トルピード
刻み:リングカット,ダブルリングカット
規格:2BA
重心:前


WS000005.JPG


[次項有]【本人によるバレル解説動画】



主に後ろに刻みが集中しています。
風間プロは、親指の腹と第二関節のあたりで矢を挟むように持っています。


後ろにしっかりした刻みがあることで、
特に親指との接している面積が多い持ち方をするプレイヤーは、
きざみがよく引っかかる分、投げやすいと思います。


SALMについてもっと詳しく知りたい方は、
⇒こちらで詳細を確認してみてはいかがでしょうか。



また、風間プロだけでなく、江口プロなど、G's所属のプレイヤー特集も組まれていますので、
興味のある方は、
⇒こちらも参考にしてみてください。(G'Sスペシャル特集)



■風間佑太プロ フォーム



フォーム動画(バードダーツ)



肩を内側に入れて、肘を固定させることでダーツを安定させるタイプのようです。


人間の骨格の構造で、これ以上伸ばせない、曲げられないという性質を利用するのは、
ダーツを投げる上で重要だと思います。
(何か、英文の直訳みたいですみません・・・。)


他の具体例は上げれませんが、こういう構え方をするプレイヤーは多いと思われます。


■気になる女性の存在



風間プロが投げる時、左後ろに座っている女性がいます。


風間プロを応援しているらしく、最後は祈りのポーズもしてました。


風間プロのFACEBOOKを追っていくと、
「熊谷麻音」という女性にあたり、この女性がJAPANのプロだということが分かりました。


【熊谷 麻音(まお)プロ(19)】


[次項有]熊谷麻音プロ 画像

・今年度JAPAN全出場。81位。

・12の頃からダーツをしていて、
 ダーツがしたくて地元青森から上京したらしい。

ナチュラルナイン池袋店(ダーツショップ)勤務

・L-STYLEに勤務。(シャフト、フライトメーカー)勤務


熊谷プロが、風間プロと一緒に写っている写真がFB上でたくさんあったので、
もしかすると2人は付き合っているのだろうかと考えてしまいましたが、


30と19の歳の差からすると、ちょっと微妙。
ただの友達かなぁとも。結局、不明です。


野暮な話になりましたが、お二人の今後の活躍を期待します!


【関連記事】

[次項有]ダーツにテイクバックはムダなのか?大内麻由美プロのフォーム考。

[次項有]「好きラブ」こと粕谷晋プロ、安定したダーツと試合運びで今季3勝!(JAPANダーツトーナメント)

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

「好きラブ」こと粕谷晋プロ、安定したダーツと試合運びで今季3勝!(JAPANダーツトーナメント) [ダーツの試合(プロ編)]

JAPAN2015 STAGE11 宮城 決勝(9/26・27)

粕谷晋 VS 仁木匠 (◯3-1)
(試合の動画は、後日掲載予定)

WS000001.JPG


やはり「好きラブ」は強かった。
本人は緊張したと語る今大会も、安定のダーツにしか見えませんでした。


最後の01。上がり目を落ち着いてフィニッシュ。
今季3度目の優勝となりました。


■JAPANトーナメントも後半戦に突入。



今季のJAPANで最も安定感のあるプレイヤーは誰かという質問には、
粕谷晋プロの名前があがると思われます。


今回のJAPANの試合は、HEATというイベントと同時開催しており、
1日目に前回のBEST16と戦う選手を決めるためのDIVISION2が終了しました。
本日は、決勝トーナメントからのスタート。
前回BEST16だったプレイヤーとの入れ替え戦です。


前回のBEST16と入れ替わったのは16人中7人と、今回もいれかわりは激しかったようです。


残念なことに、前回3位タイだった星野光正プロは、今回の入れ替え戦で負けてしまったために、
次回は再び予選トーナメントから勝ち上がらなくてはならなくなってしまいました。


入れ替わりの激しいJAPANの大会で、ここまで11戦中8戦はBEST16入賞しており、
3度の優勝、3度の準優勝をしている粕谷晋プロは凄いと思います。


粕谷晋プロのダーツの持ち方は独特です。
わりと指先の方で矢を持っています。


正直、あまり器用な持ち方、投げ方をしている印象はありませんが、
狙った所にピンポイントでHITします。


手首はどちらかというと固定しているように見えます。
ダーツは一度助走をつけてから、大きめにテイクバックをして、
指先で押すように投げているようです。


どういう風にスタンスしているかは、試合の動画からはみれませんが、
投げる姿勢からは、スタンダードスタンスに見えます。


■仁木匠プロについて



相手の仁木匠(にき たくみ)プロも、
今季STAGE9から、連続でBEST16入りを果たすなど、勢いをつけてきている選手です。ランキングは15位。


ネットで調べてみましたが、、まだ検索数がなく情報の少ない選手です。


分かったことは、神戸市出身であることと、WAIWAIというダーツバーの店長をしていること。
従業員であり、(弟子でもある?)JAPANプロの山本愛美プロが働いている。


ということでしょうか。





ダーツライブTVや下の動画を見ると、
矢は2本の指だけで持って投げているプレイヤーですね。
関西では有名なプレイヤーだと思われますが、JAPANではまだ謎の多いプレイヤーです。


次回STAGE12は、10/11 神戸大会。
いぜんとして混戦模様のJAPAN。あと7戦の間に順位の変動はありえると思います。


なお、粕谷プロがどうして「好きラブ」というあだ名がついたのかは、
↓の関連記事をどうぞ!


<関連記事>

[次項有]急成長する井上晋太郎プロのダーツの実力(ジャパンダーツ)

[次項有]風間佑太プロ初優勝!後ろで祈る女性は誰!?(JAPANダーツトーナメント)


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

少し胸を張ってダーツを構えた方が、うまくいく。 [ダーツと気づき]

少し胸を張ってダーツを構えた方が、うまくいく。


先月、漫画喫茶でやっていたくじ引きで、10時間無料券が当たりました。(しかも2枚!)
ダーツの神の真意は分かりませんが、タダでダーツをする権利を2度も手に入れました。


シルバーウィークは、タダ券を使って強化練習。
さすがに10時間は無理でしたが、1回6時間は練習しました。


ここ最近、不調が続いていましたが、2回で12時間やったら、
色々と気づきもあり、さすがに上達した気がします。


タイトルは、その中で気づいた、1つのシンプルな結論です。


・・・といっても、上体が後ろに反れるような胸の張り方は逆効果。
あくまで姿勢を正すつもりで、という程度にです。


シンプルですが、胸を少し張ったことで2つのことに気づきました。


スポンサードリンク






■胸を少し張ると、体が固定する。



私にとって、ダーツをまっすぐに、思ったところへ飛ばすためには、


・構えた位置=矢を離す位置 
・リリースまではヒジを動かさない。


の2つが必要なのではないかと、思っています。


この2つのルールを破ると、ダーツのブレが縦にも横にも大きくなって矢がうまく命中しません。


でも、この2つのルールを守って投げようにも、
投げるたびに構える位置も、リリースの位置がずれてしまいます。


プロですら、いつも同じ動作できているわけではないので、
完璧は求めませんが、もっと安定させたい。


そう思って、オンライン対戦中に、猫背になっていた悪い姿勢を正すために、
たまたま胸を少し張って投げたところ、急にうまくいきました。


すこし胸を張ったことで、


・肩とヒジの位置が一直線上に並ぶ。
・ヒジから先は地面に垂直になる。


あとは素直に腕を前にふれば、矢は真っ直ぐに飛ぶという体勢ができました。


■体・矢・ヒジ・的を一直線にできた



ダーツの基本で、体と矢と的(狙いたい所)は一直線に結ぶようにといいます。


すこし胸を張っただけで、上半身は一直線になりました。


上半身の姿勢が悪くなると、ヒジの位置が知らないうちにズレてきます。


しかし、胸を張ることで、構えた時のヒジの位置は、
常にかかとの辺りで固定されることに気づきました。


自分の重心は、つま先側にありますが、


例えばブルを狙うときには、


ブルを、つま先ではなく、かかとに合わせてスタンスすると、
体・矢・ヒジ・的を一直線にすることができ、狙った所にダーツが飛ぶようになりました。


■まとめ



結論。


いままで一つ一つ細かく調整しなければならないことが、 「胸を張る」という簡単な動作で全てが楽になった


姿勢って大事!今日の事で、Aフライトへの足がかりがつかめた様な気がします。


<関連記事>

[次項有]・ダーツの通過点を一定にすると

[次項有]自分のダーツを忘れたくなければメモを取れ!?

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

ダーツのオンライン対戦で気をつけること  [ダーツのマナー]

ダーツのオンライン対戦で気をつけることとは!? 


ダーツのオンライン対戦では、最低限のマナーを守った上で、
他にも実戦を意識してやったらいいと思うことが2つあります。

それは、

・騒音の中でも自分のダーツに集中すること
・相手が投げている最中は、スローラインから離れる

です。


スポンサードリンク






このブログを見てくれている方の中には、
まんが喫茶やゲームセンターなどで、オンライン対戦をする方も多いと思います。


勝負の前後に、ダーツの液晶画面の向こう側の人に手を振ってみたり、
おじぎをしてから勝負を始めるのをマナーだというのは、暗黙のルールになっているようです。



■最低限のマナーを知っていればそれでいい



まんが喫茶での練習時は、ターゲットの指押しや、途中で試合を放棄したりしなければ、
カメラの向こうの相手のマナーは自分はあまり気にしない方だと思ってます。


(クリケットで無意味に陣地を広げたり、レーティング狙いで点数を盛るなど、
攻め方が気に食わない時はありますが、これも立派な戦略の一つだと思って耐えてください^^;)


私の場合は、試合の初めだけ相手に向かって手を振って、
終わったらマシン搭載の「スマイルボタン」で挨拶代わりとする程度です。


カラオケ卓球などとの複合施設だったりすると、
そちらの騒音や、野球投げでダーツを投げるお兄さんの方がよほど気になります。


とはいえ、実戦(試合)では、両隣の台で、狂ったように盛り上がっている中でダーツを投げるので、


施設内の不快な騒音を感じつつも、自分のリズムを保ってダーツを投げるというのは、
ある意味いい訓練だと思っています。


逆にそれでイライラするようだと、実際の試合でも同じことが起こります。


■リアルな対戦を意識する。



2つ目の、
「相手が投げている最中は、スローラインに立たない」ということについて。


漫画喫茶でダーツの自己練習をする目的は、
ただの自己満足だけでなく、実際に人と対戦するためです。


オンラインだと、相手が投げている間も、
そのまま自分の体勢を変えずにスローラインに立ったままでいることができます。


でも、実際にダーツバーで生身の人間とダーツをしているとき、
相手が投げている最中、自分もスローラインに立ったりはしませんよね?


投げ終わって、いったんスローラインから離れることで
自分の番が回ってきた時に、さっきと同じように構えて投げれるかという練習になります。


カメラの向こうで、画面から消える人は、
もしかしたら、わざとスローラインから離れているのかもしれません。


一度スローラインから離れることで、
スタンスもセットアップもバラバラになるので、前より入らなくなるかもしれませんが、
実戦を無視した練習で、レーティングを上げるよりは自分のためになると思います。


【関連記事】

[パスワード]ダーツ上達のために、Aフライトに勝負を挑む!

[次項有]ダーツのセットアップって凄く重要!

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、
ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

4スタンス理論:自分でタイプを判別する方法と動画 [スタンス]

WS000001.JPG


<関連記事>
・4スタンス理論:自分の軸を探し楽にダーツを投げたいあなたへ
・4スタンス理論:自分のダーツへの落とし込み


当ブログでも大人気の、4スタンス理論。


そもそも自分がどのタイプが判別する方法については、
パートナーが必要なものも多く、


1人でもチェックできる方法や動画はないかと探していたところ、
このような動画と巡り会いましたので、シェアします。





6分程度で、今まで掲載していた判別方法よりも具体的だと思います。
1度ご覧になった上で、当ブログの関連記事を見ていただければ幸いです。


ちなみに自分はやはりA1タイプのようですので、
今まで通り、赤松プロのフォームを参考にしつつ、
練習に励もうと思います。


【関連記事】
・4スタンス理論:自分のダーツへの落とし込み
・4スタンス理論:自分の軸を探し楽にダーツを投げたいあなたへ
・4スタンス理論:【全体定理】どのタイプも「正しく立つ」ことが基本!
・【PR】オンラインダーツショップ窓口 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、
ありがとうございました。


読んだ記事が気に入っていただけましたら、
下の人気ブログランキングバナーへのクリックをお願いします。


より多くの人に親しまれるブログへと進化します。






スポンサードリンク






ブログパーツ

畑野千春プロの変則クリケット作戦が策士!(第2回PERFECTエリアチャンピオンズカップ) [ダーツの試合(プロ編)]

第2回 PERFECTエリアチャンピオンズカップ決勝 in 名古屋 

北海道チーム VS 関東チーム (4-2)

北海道チームメンバー:石田絢也、畑野千春、森勇樹、高木静加
関東チームメンバー:知野真澄、樋口雄也、小野恵太、今野明穂





参加選手は、PERFECTの試合で決勝トーナメントを勝ち上がる強者ばかりですが、


とりわけ、関東チームは、
PERFECT個人戦では優勝経験者と決勝トーナメント上位者ばかりで構成された、
サラブレッドチームです。


前半の流れから、勝負は関東チームの圧倒的有利かと予想されていましたが、
北海道チームが、「砦」でも魅せた持ち前の団結力で、形勢逆転!
後半一気に4セットを取って、優勝を決めました。


決勝での最大の見どころともいえる、
関東チームを最後の最後で翻弄した変則的なクリケットとは、
どのようなものだったのでしょうか。


スポンサードリンク






■PERFECT エリアチャンピオンズカップとは?



[次項有]⇒大会概要・出場選手の詳細はこちら(PERFECT公式HP


"PERFECTエリアランキング上位者と、新人ランキング上位者でそれぞれチームを組み、
各エリア対抗の団体戦でチャンピオンを決定するカップ戦です。


2014PERFECTエリアランキング と 新人ランキング の男子1~3位の選手、
女子1位の選手に出場権が発生します。


”※上位選手が出場できない場合は、下位の選手へ出場権が移ります。"
(PERFECT HPより抜粋)


[次項有]記事:イケメンな上に、ダーツも強いなんて…!!(砦 2015)


でお伝えした「砦(とりで)」も選抜方法は違いますが、団体戦の一つです。


個人戦で優勝した選手が、決勝でも同じような強さを発揮できるとは限らない、
というところが団体戦の面白さです。


■策士、策にハマる!?



試合は、前半2セットを関東チームが選手したものの、
3セット目からは、北海道チームが怒涛の巻き返しで、一気4セット取って逆転優勝となった今大会。


第6セットの男女混合ダブルスのクリケット。
お互いが1レグずつ持って、3(最終)レグ目。(動画の1:13:50あたりから)


プロの試合はラウンド制限がないことが多いです。
そもそもレベルが高いので、数ラウンドで決着がつくことが多いです。


今回は15ラウンドの制限のなか、フルラウンドを使っての勝負となったのも印象的でした。


ダブルスで投げている男性は、関東チームの樋口雄也プロと北海道チームの畑野千春プロ。
樋口プロは、策士で相手が嫌がるダーツを投げるプレイヤーとして有名のようです。


独特なフォームで構えに入る、樋口プロ先制の20トリプル3本に対し、
北海道チームも19トリプル3本で返します。


お互いが接戦を繰り広げ、17,18の陣地で争っていたところ、
畑野プロが、高木静加プロに途中で15を狙うように指示している声が聞こえます。


解説も観ている方も、この時点では何の意図があるかは分かりませんでした。


13ラウンドまでには、北海道チームに15の陣地ができあがるも、
樋口プロが17で6マークを入れ、100点以上も差を広げます。


北海道チームは、畑野プロがどうにか17を閉めるにとどまります。


次のラウンドから、15を開けた効果が現れはじめます。


14ラウンド。残り6本。
100点以上有利の関東チームですが、


自分の陣地(16を開ける)を作るか、
相手の陣地(18と15)を閉めるかで悩み始めます。


今野明穂プロは、自陣を開ける方に動きました。
しかしこのラウンド16を1本、シングルしかHITせず。


対する高木プロは、18を3本5マークで約30点差まで縮めます。


最終ラウンド。
樋口プロ、かなり悩んでいる様子。
点数差があまりないため、相手陣地クローズにもいけない状況ととらえているようです。


解説の言葉を借りると、


・強気ならカット(相手陣地を閉めること)
・弱気なら加点(16を開けて加点)


このセットを落とすと北海道チームの優勝が決まるため、
このラウンドの攻め方は大事とあって、樋口プロは余計に悩みます。


畑野プロが、15をオープンしたのは、

・18をカットされた時の備え。

だけでなく、

・最終ラウンドに向かって相手が攻め方を悩むことで、集中を削ぎ、ミスを誘う。

という意図もあったようです。


「弱気」に加点にいった樋口プロ。
最初の2本4マークで、16点を加点したものの、


3本目は、前の矢にはじかれ、まさかのアンラッキー。
策士と呼ばれた男が、もう一人の策士に見事にハマりました。


最後は畑野プロが18を7マークし、逆転勝利での優勝となりました。


■次世代のクリケット戦略!?



変則的なクリケットを仕掛けた畑野プロの作戦がみごとに成功した決勝。
最後にとてもおもしろい試合を見ることができました。


15を入れ始めた時は、カットにも加点にも行かなかったので、
何の意図かわからないというところが、


畑野プロが言う、「次世代のクリケット」らしいです。


決勝でこの作戦を実行できたのは、

・3対2で有利だったこと
・クリケットを落としても3対3で、 好調の森・石田プロが後に控えていたこと


があったからだと言っています。 


うーん、お見事!


優勝カップは銅製で、持ち回りだそうですが、
カップには来年はどのチームの帯がつくのでしょうか?


【関連記事】

[次項有]イケメンな上に、ダーツも強いなんて…!!(砦 2015)

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

ダーツの名勝負 浅田斉吾 対 山田勇樹(PERFECT2015 第12戦 決勝) [ダーツの試合(プロ編)]

ダーツの名勝負 浅田斉吾 対 山田勇樹(PERFECT2015 第12戦 決勝)


改めて見ても、すばらしい試合でした!


大内麻由美プロインタビュー&男子決勝



女子決勝



さらに、こちらでは、
奥さんと子どもと写る浅田斉吾プロの受賞写真が拝めます。
(公式とはいえ、大丈夫かなとちょっと不安を覚えつつ・・・。)

[次項有]こちら(9ダーツTV)


今回も家で、ニコニコ動画からライブ中継を観戦していました。


何度も中継を見ているせいで、
最初から見ていると少し見るのが辛くなってきました。(^^;


決勝トーナメントに進むメンバーも、いずれも常連ばかりだったのですが、
個人的に気に入っている、森勇樹プロがベスト8に勝ち進んだのは嬉しかったです。


とはいえ、今回も、
ロボ(浅田斉吾プロ)とやんまー(山田勇樹プロ)で決勝だと思って見ていました。
そして、思った通りの結果になりました。


・・・でも、最後に、凄いものを見てしまいました。


スポンサードリンク






■この二人を何に例えようか?



今年度のパーフェクトの試合での、浅田プロと山田プロの対決は別格です。
ニコニコ動画では、この2人の凄さになんとかアダ名を付けたくてコメントが飛び交っていました。


浅田プロの「ロボ」というアダ名は解説の福永氏から生まれました。


山田勇樹プロはもともと「やんまー」と呼ばれていましたが、
対浅田戦になると、「オニヤンマ」とか言われてました。(いまいちしっくり来ません)


山田プロと浅田プロとは決勝で3度目。トーナメント戦でも(運悪く)何度か当たっていますね。


山田プロが優勝したのは、今年2回目。
決勝で浅田プロを倒して優勝したのは、PERFECT第2戦の1度だけです。


今年浅田プロとまともに戦えるのは、山田プロくらいなので、
ギャラリーは、いつやっつけてくれるのか、期待が高まります。


■ダーツ悩的ハイライト



レーティング30は当たり前の試合。(PHOENIXの最大Rtは30)


後半になるほど強くなるタイプの2人なので、勝負は最終セットの最終レグまでどうなるか分かりません。
クリケットの場面では、お互いが7マーク以上を叩き出し、9マークを何度決めたか分かりません。


トッププロの試合になると、
1投目、自陣開拓,2投目を自陣加点、3投目で相手の陣を閉めに行けるかどうかが、
勝敗を分けることになります。


しかも、9マークというのは、全てトリプルにヒットさせなければなりません。
プロにとっては、トリプルはブルぐらいの大きさに見えるんでしょうか?


・2セット目の第1レグ
山田プロ先攻の01。山田プロが24を残して有利な中、
浅田プロが136残しの場面で、先に136をフィニッシュする場面。
恐るべし。


・2セット目の第2レグ
第1セットを浅田プロが先取、続く第2セットの第1レグも浅田プロが先取したために、
後がなくなった山田プロ。


浅田プロが40点だが、20、18、15を占めている状態。
対する山田プロは49点だが、自陣を全てクローズ(閉め)されて、
絶体絶命の状態。


ここで魅せたホワイトホース(異なる3つのトリプルを9マークで閉める)!!
20、18、15を一気に閉め、勝負はブル合戦にもつれ込みました。


さすがは粘りのやんまー。
これがプロなんですね!


観客からも、ネットでも歓声が上がりました。


最後のブル合戦は、不利になった浅田プロが外し、
山田プロが落ち着いて2投でクローズしました。


このへんから山田プロに火が付き、
ランナーズ・ハイの人みたいに、笑顔でダーツを投げ始めました。


次のチョイスは01で、好調の山田プロが試合を有利に進め、
最後に28を一発でフィニッシュし、1-1となりました。


・最終セットのチョイス(クリケット)
クリケットは先行有利といいます。
山田プロが先攻をものにし、これはいよいよ優勝が見えたかと、
期待が高まりました。


20を開け、最初は山田プロ有利に展開していた最後のクリケットでしたが、


最後の最後で、山田プロの好調に影がさし、
僅かな隙を浅田プロが突くような9マークで一気に形勢逆転。


今季8度目の優勝を決めました。


■まとめ



最後悔しくて、やんまーがロボにタックル(相撲?)をする場面が見られます。(笑
浅田プロと解説のインタビューにも山田プロが乱入し、
悔しさを語っていました。


ほんと、見ている方も悔しすぎる試合でした。


でも、PERFECTでも1,2を争うような名勝負でした。
次回は、10月3日(土)新潟大会です。


次回から特別ルールとして、
浅田プロと対戦し倒した選手には、別途賞金が(5万?)が出るらしいです(!?)


次はリアルに見に行こうかな・・・。(~~;


【関連記事】

[次項有]ロボが今季9勝目。BDOで世界の浅田斉吾となるか!?(PERFECT 2015)


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

優勝確率60%over!! 浅田斉吾プロ8度目の優勝。(PERFECT2015 結果) [ダーツの試合(プロ編)]

PERFECT2015 第12戦 名古屋(9/12) 決勝

◯浅田斉吾(あさだせいご) VS 山田勇樹 (3 - 2)


パーフェクトも残るはあと5戦。
今年の試合のテーマがいつのまにか「STOP THE 浅田!」に変わっています。


今季、8勝目となり、大会新記録である、岩永美保プロ(引退)の残した9勝まであと1歩となりました。


■今年のパーフェクトの試合の中でもトップに入るような、名勝負




互いに1セットずつ取って、今回も最終セットの最終レグまでもつれ込みました。
最終セットの最終レグは、お互い9マークを何度出していたのかわからないほどです。


同日開催していたJAPANもすごくいい試合をしていたはずなのに、
PERFECTの決勝の後に見ると、色あせて見えるほど、見てるほうの感覚はすっかりおかしくなっています(笑


スポンサードリンク






■女子も今年のテーマは、「STOP THE 大城!」



PERFECT2015 女子決勝
◯大内麻由美 VS 大城明香利 (3-2)


現在、ランキングトップを独走中の、大城明香利プロを止めるべく、
後に、今野明穂プロ、大内麻由美プロが続いています。


決勝には、前回と同じ選手同士が勝ち残り、今季3度目の決勝戦となりました。
前回の大会と比べて、大内プロの調子がとてもよかったです。


以前の大会だと、プレッシャーで、グリップやスタンスが定まらず、何度も仕切りなおすところを見ました。
今回はほとんど仕切りなおすことなく、ブルやトリプルへ矢がテンポよく入っていきました。


一方の大城明香利プロも、前回の大会に比べて、投げる時にヒジが動かなく(下がらなく)なったと、
解説が言っていました。


大城プロは、上体を柔らかく使って、ダーツを送り出すように投げているようです。
投げる時にヒジを少しだけ下に落とすことで、ブレる危険はあるものの、柔らかいスローができています。


大城明香利プロは投げる時に、


「ほいっ!」


っていいながらダーツを投げてるみたいです。
緊張感も楽しんで投げているのが伝わってきます。^^


今回ヒジを固定したのは、何か考えがあってのことなのでしょう。


固定をすることが、大城プロにとっては、まだ体に浸透していなかったのか、
後半はいつものようにヒジを動かしながら投げていました。


フォームに迷いがあったのでしょう。決勝の大城プロの調子はあまりよくはなかったようです。


互いに2レグずつ取って、最終レグまでもつれ込んだので、
最後は調子を上げた大城プロの逆転勝ちかなと思いました。


結局、最後まで調子を維持した大内プロが、クリケットを制して優勝となりました。


■大内麻由美プロの時代がやってきた!?



大内プロにとって、今回の第12戦がいちばん都合よく試合が運ぶことができたと言っています。
前回の優勝をきっかけに、大内プロの中で、いいイメージができあがったみたいです。


インタビューでは、
自分のことを自虐的に、「オールドジェネレーション」とか「古い風」とか言っていますが、
毎回大城明香利プロと決勝になるたびに、私は大内プロを応援しています。


年の功で次の試合を勝ち抜き、トップの座を奪い取ってほしいと思っています!


【関連記事】

[次項有]ダーツにテイクバックはムダなのか?大内麻由美プロのフォーム考。

[次項有]大内真由美プロ、気迫のダーツ(PERFECT 女子)

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ


今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

孤高のダーツプレイヤー!?勝見翔プロの進化するフォーム。 [ダーツプレイヤー]

孤高のダーツプレイヤー!?勝見翔プロの進化するフォーム。


先日のTHE WORLD STAGE4 カナダ で見事優勝を果たした、
勝見翔(かつみしょう)プロ。


THE WORLD STAGE4 CANADA
◯勝見翔 VS  Jeremiah Millar(3-2)






クールとおもいきや、要所をおさえるたびに、観客に向かって吠える、アツいプレイヤーです。


インタビューで、久しぶりの大舞台にかなり緊張したと語る勝見プロ。
確かにいつもみる動画に比べて、目が見開いていてちょっと怖かったです。(^^;


今や、世界にも通じる実力の勝見プロ。
実は、かなりストイックで努力家だということが、調べていて分かりました。


スポンサードリンク






■勝見翔選手のプロフィール



フェイスブックを見たところ、勝見翔プロは、静岡県出身の32歳。
血液型はB型。JAPANダーツに所属のプロダーツプレイヤーです。


ダーツ歴は、2002年からということなので、13年目のようです。


ちなみに、勝見プロの初めてのダーツ第1投目はアウトボードだったそうです。
この時感じた悔しさが、青年をダーツへと駆り立て、
当時サラリーマンだった勝見プロは給料の多くを、ダーツライブのマシンにつぎ込んでいたそうです。


2009年でようやく、D-CROWN(現在は事実上消滅)で
プロダーツプレイヤーに転向するまでに7年かけています。


最近よくみかける様な短期間でプロになったパターンではなく、努力の末にプロになった選手です。


普段は、Arm's cafe(岐阜市)というところで、1日5,6時間はダーツを投げているそうです。


[次項有]Arms cafe


のサイトの、DARTSLIVEデータを見てみますと、
今日も1200点目指してストイックに投げている様子が浮かびます。


■勝見翔プロ 賞歴



勝見プロの活躍は2006年頃から始まったようです。
2006年のDMCチャンピオンシップに出場し、優勝しています。
もしかすると、スポンサー契約はここで勝ち取ったのでしょうか。


D-CROWN所属のプロプレーヤーとして、2009年頃から様々な大会で活躍。


2010年の当時ダーツプレイヤーの日本一を決める、
SUPER DARTSという大会に初出場なのに、見事優勝。
1000万円の賞金を手にしました。


今年度2015年は、まだ優勝こそしていないものの、総合ランキング8位と、上位をキープしています。


■孤高のダーツプレイヤー?



勝見プロについて、フェイスブックやサイトのインタビューなどの記事を見ていたのですが、
他の選手と仲良く群れているような写真がなく、1人で写っている写真が多い気がします。


孤高のダーツプレイヤーというイメージですね。


■同じダーツを何年も使い続けるプレイヤーとしても有名



勝見プロのメインスポンサーはDMCというメーカーです。


DMC社のマーベリックというバレルは、10年近く前からリリースされているにもかかわらず、いまだに人気が衰えないバレルのようです。


初級者が最初のバレル選びで迷ったら、マーベリックにしろ、というくらい、
初級者から上級者まで幅広く愛されている名品です。


勝見プロの使っているのは、
Barrel Maverick 18g(DMC)というバレルです。


WS000001.JPG


⇒詳細はこちら



2007年頃から1年間位、
スランプに陥っていた勝見プロが変えたというバレルが、マーベリックだっただそうで、
数年間、このバレルを変えることなく愛用しているそうです。


実際に勝見プロのバレルを見せてもらった人がいて、
自身のブログで、バレルが練習の積み重ねで刻みも薄くなり、ツルツルだったといいます。


■勝見翔 イップス疑惑



本当のところはわかりませんが、一時期イップス疑惑が噂されていた時期があったようです。


イップスは、肉体的、精神的理由から、


・ダーツを構えることができない、
・矢をテイクバックできない、
・矢をリリースできない


という状態になってしまうことをいいます。


おもにゴルフや野球で使われていた言葉ですが、ダーツにもイップスはあり、
多くのプロダーツプレイヤーが人知れず悩んでいます。


勝見プロの場合は、テイクバックから、矢をリリースするときに、
体が固まってしまうタイプのイップスではないかと思われます。


次の動画と、





その少し前の好調だった勝見プロの動画とみて比べてください。






上の動画の時も、イップスを克服した後だったようですが、
矢を飛ばすときに、一瞬固まっているように見えます。


冒頭のWORLDの動画を見ると、これはこれで独特な投げ方に変わっていますが、
リリースの時、一瞬の硬くなるのはみられません。


一度なってしまうと、ぬけ出すのは大変だと言われている、イップス。


勝見プロが実際イップスだったかはわかりませんが、
もしそうだとしたら勝見プロはイップスを克服したということになります。


そして、世界に通用するレベルのプレイヤーになったのですから、
この努力と精神力は敬意に値します。


勝見プロの今の投げ方についても書いてみたいところですが、
話が長くなったのでまた別の機会で触れることにします。


【関連記事】

[次項有]勝見翔プロの新マーベリックはこちら!ダーツハイブ


[次項有]シャフトの長さについて、知識の基礎固めをしてみた。

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

ダーツを投げる時の利き目について考えてみた。 [不調時の自己修正方法]

ダーツを投げる時の利き目について結果から言ってしまうと、


自分の利き目がどちらであっても、両目で的を見ている限り、ダーツにはあまり関係ない。


と私は思います。


逆に、ものもらいなどが原因で、片目をガーゼで覆われてしまうだけで、
ダーツをまともに飛ばせなくなってしまうほど、


ダーツをやっているときの、目の視覚補正って重要な役割を果たしているんですね。


■利き目がわかる簡単な方法



人には、利き目というのがあるのは事実です。


両方の目でものをみていますが、特に利き目の方をよく使って物をみているそうです。


ちなみに利き目がどちらかわかる簡単な方法があります。


■利き目を判別する方法



[次項有]こちら(NAVERまとめ・記事のまんなかあたり)


多くの人は、腕は右利き、利き目も右なんだそうですが、
利き目と利き腕が逆な人も、少なからずいます。


プロのダーツプレイヤーも例外ではありません。


スポンサードリンク






■利き目とダーツ



右利きなのに、左目が利き目なら、矢を左で構えたり、左目にテイクバックしなければならないのか?


という話になります。


右利きの人が、矢を左で構えると、右目で構える時よりも、ヒジの位置は外側にあります。


そのまま左目に向かってテイクバックすると、腕を斜めにしつつ、矢を引いてくることになります。


プレイヤーの中には、利き腕側の肩をより内側にいれることで、
ヒジを垂直に立てたまま矢を利き目の前に持ってくるフォームの方もいると思います。


利き目と利き腕が逆だと、構えやフォームについて、
少々無理がある方法をとらないといけなくなってきますよね。


無理があるので、長期戦になると、維持するのが大変そうです。


■利き目が逆であることを、言い訳にするまえに。




一つ動画を紹介します。





動画を見ると、2人とも右利きで、


浅田斉吾プロは少し左の方にダーツをもってきていますし、
山田勇樹プロは右に矢をもってきていますよね。


でも、この2人。


浅田プロは利き目は右ですし、
山田プロは利き目はなんですね。


それぞれのプロフィールで公開されています。

[次項有]浅田斉吾プロ

[次項有]山田勇樹プロ


浅田プロは、3年くらい前まで右目に向かって矢を引いて投げていました。
今のフォームにあえて変えたことで、ロボのような命中率を叩き出しています。


選手によっては、利き目と利き腕が違う場合、
利き目と利き腕を合わせるような練習や工夫をする方も多いと思いますが、


矢を構えた時に、利き目側から見て、矢の先が狙ったところを示してさえいれば、
投げ方まで無理に変えて練習しなくていいじゃないかと私は思います。


腕をわざわざ利き目の方に持ってくることよりも、
腕はよりラクに引けて、振ったり押したりできることを優先に考えていくのがいいのかもしれません。


両目で的矢が見えている限り、利き目が合わないからダーツが入らないことよりも、
もっと別の理由があると思います・・・Bフライトなら特に。


【関連記事】

[次項有]ダーツの飛びを良くするコツは中指にあり!?


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ
Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。