So-net無料ブログ作成

ダーツが入らない時、背筋を伸ばして姿勢を正す2つのメリット。 [Bフライト転落からの逆襲]

ダーツが入らない時、背筋を伸ばして姿勢を正す2つのメリット。


グリップ、スタンス、投げ方、投げる力など、どれを調節してもダメ。


ダーツを構える位置も、定まらない。


オンライン対戦でも、実際の対人対戦でもすっかり負けグセがついてしまい、すっかり意気消沈。


ダーツ止めようなかなぁ…なんてテンションがどうにも上がらない時。


姿勢、特に背筋が曲がってはいませんか?


背筋を伸ばしたままダーツを投げはじめた時から、
私の中でスイッチが入ったように、全てがうまくいきはじめました。


普段から私は「がんばらないダーツ」を心がけているのですが、
姿勢を維持するための背筋だけは、「がんばって」守るところだと思っています。


ただ正しい姿勢を維持するだけで、
リラックスしてダーツを投げる事もできますし、逆に気合でねじ込む様な強気なダーツもできます。


ダーツは前傾姿勢で構えて投げる人が多いとは思いますが、
その場合でも、背筋だけはしっかりと維持する、ということです。


今日は背筋を伸ばして正しい姿勢を保つことで得られるメリットについて、
実践してみて私なりに思ったことを書いてみようと思います。


続きを読む


ダーツで力むのは、グリップのせい? [Bフライト転落からの逆襲]

ダーツで力むのは、グリップのせい?


前回から、Bフライトに転落してから、再びAフラ以上にのし上がっていくためにブログを書いています。


何らかの理由で、不調になるのはしかたがないし、考えてもしかたがないので、
ダーツを外してしまった自分を許すことで、メンタルへの負担を減らそうということをお伝えしました。
(興味がありましたら、ぜひ一読ください^^)


[次項有]前回記事:ダーツが入らない自分を許しながら投げるとうまくいく。


不調の時は、原因が何なのかを考えすぎるあまり、
いつものフォームについてアレコレとイジろうとしたり、新しい方法を加えてしまいがちですが、
イジったり、こだわったりすることで、余計に力んでしまう。


ところで、この「力み」は一体どこからきているんでしょうか?



肩?



ヒジ??



もしかして、ダーツをグリップしている指先や手の平かもしれません。


続きを読む


ダーツが入らない自分を許しながら投げるとうまくいく。 [Bフライト転落からの逆襲]

ダーツが入らない自分を許しながら投げるとうまくいく。


狙ったところにダーツが入らないのは、仕方ないこと。
ダーツが当たっても、外れても、


「これでいいんだよ」って自分を許しながら投げることで、
本来の自分のペースに戻っていくのではないでしょうか?



先月はかなりエラそうな事を言っておきながら、
練習不足がたたって、最近めっきり不調な私です(ーー;


不調というか、乱調。
いい時と、悪い時の差があまりにも激しいんですね。


Cのスコアが私の下限の目標なのですが、余裕で連発します。


最近まで順調だったので、このいきなりの乱高下に私も最初は戸惑いました。


乱調の影響で、現在レーティングは14⇒12。
トリプルやブルによく当たっていたのにどうしちゃったんでしょうか?


焦ってフォームを変えたり、グリップ変えたりという、
ダーツを投げる動作を1つ1つ切り分けてみたり、


そもそもの練習時間をもっと増やしてみたり…


不調の時は焦って何かと足掻いてみたくはなりますが、


今回はもしかすると、そんな私の「メンタル」に問題があるんじゃないか?


ふと思ったわけです。



続きを読む


Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...