So-net無料ブログ作成
検索選択

ダーツを腕の惰性を使って安定させる方法 [ダーツと気づき]

ダーツを腕の惰性を使って安定させる方法


ダーツを構えたら、まずテイクバックするために一度矢を引いて、
腕を前にだしつつ、タイミングをはかって矢をリリースする、


という動作をするわけですが、


ダーツそのものが軽いことから、
矢を引いたり、腕を振ったり押したりする動作1つ1つに、
意識して力を加減したり、腕の軌道を調整している方が多いと思います。


意識する以上は、軌道やタイミングがズレることが多いですし、
リリースのタイミングによっては、ヒジまでズレて結局、ダーツが毎回安定しない。


ダーツを毎回ほぼ同じように投げることは、ダーツの永遠のテーマだったりもするわけで、
プロでさえも難しい問題なのですから、素人の私にはとてもとても…というわけです。^^;


「毎回(ほぼ)同じ」というのは、動作の中に安定した何かがあるということです。


例えば、人間だったら誰しも反射や本能でやっている筋肉の動きを利用するというのも、
その「安定した何か」を作り出すヒントになると思うのです。


ダーツを投げ続けていて、私はそれを腕の筋肉に見出しまして、


ダーツを構えたら、ヒジから先の力を抜くと、、
腕が本能や惰性で勝手にやってしまう動作を利用してダーツを投げたところ、


より自然に腕が振れて、ダーツのコントロールが利き、
リリースタイミングもはかりやすくなったので、シェアしようと思いました。


前回記事:巷のダーツフォームのトレンドを疑ってみる3 粕谷晋(かすやすすむ)プロ


で書いたとおり、私は構えるとクセでヒジが外に開いてしまうのですが、
ヒジが外に開いていても、垂直であっても今回は誰でも利用できると思いますので、
安心してお読みいただければと思います!^^



続きを読む


巷のダーツフォームのトレンドを疑ってみる3 粕谷晋(かすやすすむ)プロ [ダーツと気づき]

巷のダーツのフォームを疑ってみる3 粕谷晋(かすやすすむ)プロ(JAPAN)


雑誌やネット上でダーツのセオリーについて見ていますと、


「ヒジを垂直に立てて、ダーツを構える事」


と書かれていることが多いです。


確かにヒジから腕が垂直に伸びている方が、
理論的にはダーツにしっかりと力を伝える事ができますし、


そのまま素直に腕をまっすぐ振れば、
ダーツもおのずとまっすぐに飛んでいくであろうという考え方なのだ私は思います。


そして、何よりフォームなど見栄えがいい。
ヒジを垂直になるように一度修正してから投げ始めるプロが多いのもうなずけます。


ただ、この修正をするという作業、
投げる人によっては、とても理性や労力がいるんじゃないか?と思うのです。


そして、私がその一人だったりします^^;


以下の写真は、私が何も意識しないでダーツを持って、
なんとなく矢を構えた時の写真です。


IMG_1200-1.jpg


IMG_1201-2.jpg


ちなみに、軸足(右足)が限りなく的に向かっていて、
どちらかというと、オープン寄りなスタンダードスタンスです。
(つまり、軸足のつま先が的の方を向いているということです。)


カメラの視線の先に的があり、
そこに向かって真っすぐダーツを投げたいと思っているとします。


写真を見てお分かりでしょうが、ヒジが外(右側)に開いています。


セオリー通りであれば、構えるときヒジが外に開くことは良くないと評価され、
外に開いているヒジを、肩を入れる(または脇をしめる)などすることで、
ヒジを一度修正してからダーツを投げなければならないでしょう。


修正してから投げることに慣れていて、骨肉にしみついている方は、
どうぞ、これからも修正スローを続けていただきたいわけですが、


ダーツは、「いつも狙ったところにダーツを入れる」というのが一番の目標なわけですから、


一つのセオリーにとらわれず、人それぞれ自分の生まれ持った骨格やクセを活かした、
ユニークなフォームで自由に投げたらいいんじゃないか?


というのが、最近の私の考えなんですね。


確かに写真の様に構えて、そのまま腕を振ると、
左に矢が飛んで行ってしまいますし、


リリースの瞬間に右に腕を払えば、多少修正はできるとは思いますが、
リリース次第でどこに矢が飛んでいくのかが予想しにくいはずです。
だから、矢も集まりにくい。


いつもなら、この構えで投げるのはナシだなって思って、
大人しく右に開いたヒジを左に寄せて、腕を垂直にするところです。


しかし、どうも自分の元々ある体の特徴をダーツに否定された気分で悔しかったし、
きっとヒジが垂直じゃなくてもダーツを思ったところに安定して飛ばす方法があるはずだと思っていたところ、


いました!
ヒジが私と同じように外になるのに、結果を出しているプロが!!



続きを読む


ダーツでヒジに負担をかけない工夫とは? [Bフライト転落からの逆襲]

ダーツでヒジに負担をかけない工夫とは?


ダーツを投げていて、ヒジが引っかかるような感覚がして、
気持ちよく腕が前に振れなかったり、押せなかったり。


ダーツを投げると決まって翌日ヒジの辺りが筋肉痛になっていたり。


私も「がんばらないダーツ」をやっているのですが、
接戦になったり色んな理由で緊張が走ると、Aフラであろうと力みます。


きっと、もっと上達しても、これはどうにも変わらないのだと思っています。
そんな自分を許しながら今日もダーツの練習をしています。(笑


先月から、AフライトからBフライトに転落したところから、
再びどうやって上がっていこうか?をテーマに、
私もAとBの間を行ったり来たりしながら試行錯誤しています。


今日はヒジに負担をかけず、それでいてヒジの力をうまく使いながら、
気持ちよく腕を前に振る工夫について書いてみようと思います。


前回の姿勢の話に続いて、
知っている人は当たり前のようにやっているくらい基礎的な事だと思うのですが、
フォームの自己修正するためにできる簡単な工夫です。

続きを読む


Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。