So-net無料ブログ作成
検索選択
ダーツ日記 ブログトップ

初めて行くダーツバーは緊張する!? [ダーツ日記]

初めて行くダーツバーは緊張する!?


ふと、会社の帰り道、前から気になっていたバーがあって、
ガラス越しに店の中をのぞくと、奥にダーツ台が見える。
店の雰囲気も、なんかバーっぽくてカッコいい。


このとき、吸い込まれるようにすっと店に入っていく人。
店の外から眺めるだけで、中々店のドアが開けられない人。


皆さんはどちらのタイプでしょうか。


・・・私は後者です(^^;
店に入るまで、店の前を通るたび、2,3回は、店の外から眺めてしまうのが私ですw


私事ですが、最近少々ダーツ熱が冷めていたのと、
仕事の都合で長野松本に3ヶ月ほど出張することになりまして、
歩いていける距離に漫画喫茶など手軽にダーツが投げれる場所がないというのもありまして、


一ヶ月近くダーツを置かざるを得ない状況にありました。


ダーツバーを開拓しようにも、1からダーツバーを探さなければならないし、
小心なもので、中々最初の店のドアを開ける勇気がなかったんですね。


でも、やっぱりダーツが投げたいし、
ダーツの持つ力の凄さ、
例えば、

「普段全く縁がない人と知り合いになれること」、
「上級者、プロは案外身近にいる」というのを知っているので、


新天地でも、そんな奇跡を受け取りたい、という意欲はありました。


ネットで検索すると、
私みたいにダーツバーを開拓することに勇気が必要な方はたくさんいらっしゃるようなので、
この記事が少しでもお役に立てればいいなとおもったわけです。


個人的に、やはり馬鹿にできないのが、やはり、


「◯◯を利用した開拓方法」です。
気になる方は続きをどうぞ♪

続きを読む


タグ:ダーツバー
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダーツ初心者の目安はB8!? [ダーツ日記]

PHOENIXのレーティングで、B8が脱ダーツ初心者の目安だと!?


漫画喫茶に置いてあったフリーペーパーを見たら、
脱初心者=B8と、意外とハードルが高くて驚いてしまいました!(-.-;)


IMG_0938.JPG


書いてあったのはこちらのフリーペーパー。
今季PERFECTパーフェクト)年間総合優勝の、
大城明香利(おおしろあかり)プロが表紙を飾っています。


PHOENIXマシンの最新機種である、「VS PHOENIX S4」 では、
「ヴァーチャル・ダーツ」という、トッププロの人工知能搭載のモードがあって、


大城明香利プロをはじめ、5人のプロとリアルに対戦できるっていう宣伝付きです。


・・・話を脱初心者に戻します。

続きを読む


ダーツのオフシーズン突入。フォーム、セッティングを変えるなら今しかない! [ダーツ日記]

ダーツのオフシーズン突入。
フォームを改造するなら今しかない!


的に刺さった矢を抜くときは、
チップの根本を持って、時計回りに回しながら抜くと抜けやすいって知ってると、
ちょっと上にイケた気分になる?


…どうも、12月入って初めての投稿、ダーツ悩です。


日本のダーツの大会も、今年も今月で最後。


別に規則はないのに、12月後半から2月頃までは、
公でダーツの試合が開催されることはほとんどなく、
ダーツバーなどでハウストーナメントが開かれるくらいだと思います。


しかし、約2ヶ月のオフシーズン。
特にプロの場合、毎月のように試合に出場しているため、


大きくフォームを変え、定着させるタイミングは、
おそらくこの期間しかないのではないでしょうか。


きっとこの2ヶ月、しっかり練習、調整をした人が、
来年のプロトーナメントを制するんだと思います。


今年は、パーフェクト(PERFECT)ではすでに、
浅田斉吾プロと、大城明香利プロが年間優勝を確定していますが、


果たして来年はどうなるのでしょうか?


続きを読む


中学生もダーツにハマることができる時代になった! [ダーツ日記]

中学生もダーツにハマることができる時代になった!


ダーツは何歳からでもできるし、歳をとっても続けていけるという話をしています。


[次項有]ダーツは何歳まで続けることができるのか?

[次項有]還暦を過ぎても現役のプロダーツプレイヤー


そして今日は、中学生でもダーツができるのが当たり前になってきてるんだなぁって思った話です。


漫画喫茶でフォームの維持を目的に、今日も3時間ほど練習してきました。


最近、小さい子供連れのママ2人が、
ダーツライブの台でかれこれ4時間以上も投げている様を見て、
(しかも見るたびに上達している)何か自分まで嬉しくなってきました。


今日は、高校生の男の子が投げていました。


最近ここに来るたびによく見かける少年なのですが、
台の液晶をのぞいてみると、自分と同じレーティングでした。


オッサンの自分にも気兼ねなく話しかけてくる良い少年で、
せっかくだから、勝負を挑んでみることにしました。



スポンサードリンク







■「ダーツは、若さだけじゃ勝てねぇんだよ!」



・・・というところを見せる余裕は、このオッサンにはありませんでした(^^;


すっかり若さに押し切られ、5レグの試合で、3-1で負けてしまいました。


ダーツライブの台の扱いにもなれていて、すっかり世話になってしまいました。


聞くと、彼は中2でダーツをはじめ、今年高校1年。
ダーツ歴3年なのでした。


最近、PHOENIXでやっとRt12になったのが嬉しいと素直に喜んでいました。


中2からダーツとお知り合いになれるなんて、なんて恵まれた世の中なんでしょう!


行きつけの漫画喫茶には、Rt20の師匠がおり、この人によく教えを受けていたようです。


今では、ダーツの試合には、U-18(UNDER 18)など、
低年齢でも出場できるような試合もあるので、


今後、若い時から場数を踏んだ猛者がでてくるのでしょうね。
そして、ダーツの人口も裾野も増えたらいいですね。


■01ゲームの上がり目をいかに早く上がれるか



投げ続けた結果、プッシュ重視で、テイクバックを減らしたフォームが
自分に合っていることに気づきました。


ブルの本数が増えた分、Aフライトの人と互角に戦えるようになったものの、


01ゲームで、最後の上がり目で手間取ることが多く、
手間取っている間に相手に上がられるという悔しい局面が何度もありました。


次回は、上がり目に特化した練習や、クリケットの苦手ナンバーを重点的に練習しようと思いました。


もし、自分と同じように01ゲームの上がり目に手間取っている人がいましたら、


ぜひ、関連記事も読んでいただければ幸いです。
しつこいようですが、練習あるのみです。


【関連記事】

[次項有]・マシン搭載のゲームでダーツ上達を楽しむ~その2


[次項有]マシン搭載のゲームでダーツ上達を楽しむ~その3


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ
タグ:ダーツ

ダーツは基本、カーブしません! [ダーツ日記]

ダーツは基本、カーブしません!


ダーツをやって4年たちますが、相変わらず上下左右にブレブレです。
酔いつぶれていなければ、さすがにトリプルラインの外側には行かなくなりました。


ブルに向かって投げるのに、半分以上違う結果になる。


ブルに入っても一体今どうやって投げたらこうなったんだ?
と自分に問いたくなるような矢の飛び方をしたりもしますしね。



誰に聞いても、ネットで人のブログを見て研究しても、
なかなか思ったところに刺さらないのが、もどかしい。
答えは自分で見つけるしかないのです。



続きを読む


ブルに刺さればそれでいい [ダーツ日記]

ブルに刺さればそれでいい。


狙うは、真ん中。とにかく真ん中。
ブルズアイに刺さった効果音が1回でも聞きたいから投げる。


深夜も0時を回ったダーツバー。何気なく始まったマッチ。
カウンターに一緒に座っていた顔なじみを誘って、フェニックスのダーツマシンの前にやってきた。


スポンサードリンク






■ブルに入ればそれでいい。ただそれだけ。




お互い台に200円入れて、
701・クリケット・choise マスターアウトで設定。
GAME ON !!


酒も回って最初からフォームはバラバラ。
どうやって投げているかも覚えちゃいない。


しかも、この時1杯の酒を巡ってのドリンクマッチ。


さらに、
クリケットで1点も取れないと、ペナルティでテキーラを一気で飲まされ、
マスターは嬉しそうに伝票に書き込むことになる。


とにかく勝てばいいんだと。
酔っぱらいの頭に浮かぶのは、ただそれだけ。


相手も同じくらいのBフライト。
このレベルが一番楽しいと感じる。
3本に1本のペースでブルに刺さるくらいの実力だから。


足元がおぼつかないのは相手も一緒で、とにかくドリンク欲しさに投げる。
欲が少しでも絡むとフォームがおかしくなる。
お互いまだダーツを制御できてなくて、あらぬ方向に飛んでいくのもBフライト。



メンタルだな~、ほんとに。



ブルに刺さればそれでよし。
楽しければそれでよし。
勝負に勝てばそれでよし。



普段は一人でマンガ喫茶で練習はするけれど、生身の人とやるダーツは全然違う。
何かと面倒なこともあるけど、やっぱり対戦は楽しい。



勝負は結局自分の負け。
テキーラこそは回避したけど、惜しいところで負けたから、
悔しくなって、懲りずにまたリベンジマッチとなりましたとさ♪


【関連記事】

[次項有]ダーツのレーティングが高いメリットは?


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ




今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ
ダーツ日記 ブログトップ
Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。