So-net無料ブログ作成
検索選択
ダーツの試合(プロ編) ブログトップ
前の10件 | -

ダーツのグリップを意識して、利き手では無い方で矢を抜く!?【PERFECT2016開幕戦より】 [ダーツの試合(プロ編)]

今年もPERFECT2016が始まり、今日4戦目が終わりました。
男子では前回同様、今回も浅田斉吾プロがロボっぷりを発揮し連勝。
今年も相変わらず超人的な強さです。


一方女子は、4戦とも優勝者が入れ替わりで乱戦の模様。


とはいえ、大内麻由美プロが今年も常に上位4位以内にいつも食い込んでいて、
ベテランプレイヤーとしての強さを魅せています。


昨年はこのブログで大会の度に動画を載せつつプロの凄さをお伝えしていましたが、
今年はかなり緩~くマイペースにテーマを決めて書いています。


ありがたいことに、9ダーツTVはPERFECTの試合後すぐにYOUTUBEに動画をアップしてくれるので、
最近は後でじっくりとフォームや立ち回り方について勉強させてもらっています。


リアルタイムなら、やはり会場に直接足を運んで好きな選手を応援したい自分でして、
近くに試合会場がある都心の方々が非常に羨ましい限りです^^


さて、今回は今更感満載ですが、
PERFECT開幕戦女子の準決勝の髙木静加プロと大内麻由美プロの対決を動画で見ていまして、


お互いテイクバックをしないで投げる選手同士の戦いということで、
とても珍しいなぁと思って、動画をシェアしつつ思ったことをつづってみようと思います。



続きを読む


やんまーこと山田勇樹プロが千秋楽でロボ浅田を撃破で1万ポイント!(PERFECT2015 ダーツ試合結果) [ダーツの試合(プロ編)]

【試合結果】

PERFECT2015 最終戦 千葉大会 男子決勝

山田勇樹 VS 浅田斉吾(◯2-1)


動画




今年のパーフェクトの決勝は、この2人の戦いと言ってもいいほど。


プロの中でも、両者の試合は、トリプルを外したら負けるっていうくらいハイレベル。
予選からニコニコ動画を通して見てましたが、PERFECTプロのレベルの格差はまさに天と地。


男子も女子も、すでに年間チャンピオンは決まっていますが、
最後に男女共に、PERFECTの最終戦を飾るに相応しい試合を見ることができ、
とても感動しました!^^


続きを読む


PERFECT(パーフェクト)初優勝の森田葉奈子(もりたはなこ)プロは、二児の母だった!(PERFECT 試合結果) [ダーツの試合(プロ編)]

PERFECT(パーフェクト)初優勝の森田葉奈子(もりたはなこ)プロは、
二児の母だった!(PERFECT 試合結果)


WS000001.JPG


【試合結果】
PERFECT2015 第16戦 熊本 女子決勝
◯森田葉奈子 VS 佐藤かす美 (3-1)


動画



PERFECT(パーフェクト)初優勝の森田葉奈子プロは、
二児の母だった!


女王大城明香利プロを押しのけ、
初めての決勝の舞台。



一方の佐藤かす美プロも初めての決勝。
実力、ランキングも似ている両者なので、
どちらが勝ってもおかしくはなかったです。

続きを読む


小野恵太(おのけいた)プロ2年半振りの優勝。そしてロボ浅田まさかの敗退(PERFECT2015 試合結果) [ダーツの試合(プロ編)]


PERFECT2015 第15戦 横浜 男子決勝
◯小野恵太 VS 知野真澄 (2-1) 

【試合動画



ダーツをネタにブログを書く者としては、
今回ほど面白いPERFECTはないかと思いました。


ダーツ界屈指の若手イケメンダーツプレイヤー同士の対決。
日本の有名なダーツプレイヤーと聞いて真っ先に名前が上がるプレイヤーでもあります。


最終セットの最終レグまでもつれ込み、
激闘を制したのは、小野恵太プロ。


2013年PERFECT第7戦の横浜大会(2013/5/15)以来、
2年半ぶりの優勝となりました。


決勝の動画は、すでに女子決勝で優勝を決め、
今年度パーフェクト年間優勝が決まった、
大城明香利プロによる解説(?)付きなのと、


さらに試合後、解説室での小野恵太プロのインタビューには、
かつてPERFECTで何度も年間優勝に輝いた、
星野光正プロ(今は、JAPAN所属)の登場と、


今回は、ダーツを愛する人達にとっては、
最後までぜいたくな内容でした。


スポンサードリンク






■小野恵太プロについて



[次項有]小野恵太プロのプロフィール(PERFECT)


小野恵太プロ、今年28歳。B型。東京都出身。
184センチ。


とイケメンな上に背も高くて、ダーツがうまい。
女性ファン多し。


・・・世の中不平等ですな。><


■小野恵太プロのダーツセッティング



(※「詳細」クリックで製品ページにリンクします。)

[次項有]バレル:【ジーズダーツ】小野恵太プロモデル
⇒詳細


[次項有]フライト:【フライトエル】小野恵太選手モデル ver.4 シェイプ ホワイト
⇒詳細


[次項有]フライト:【フライトエル】小野恵太選手モデル ver.4 シェイプ ブラック
⇒詳細


[次項有]シャフト:【エルスタイル】エルシャフト カーボン ロック ストレート 295
⇒詳細


[次項有]ティップ:【エルスタイル】リップポイント ホワイト 50pcs
⇒詳細



バレルの形は弾丸型(トルピード)、42mmと少し長めで、
後ろにたくさんカットがある、今ではスタンダードなバレルです。


長いバレルは持ち主の手の大小を選ばず、どこでも握りやすいというのが長所です。
初心者から上級者まで幅広く、末永く使えるバレルだと思われます。


フライトはスモールタイプ。
矢が球のように飛ばせる反面、コントロールが難しく、上級者向きと言われています。


■ライバル対決



小野恵太プロと知野真澄プロは同い年ということもあり、両者の対決は、白熱します。


過去に何度となく対戦してきた2人ですが、
今のところ、知野真澄プロの勝率の方が高い印象です。


また、小野恵太プロは、肝心な所で集中が切れて、
負けてしまうという悔しいパターンが多い印象があります。


小野恵太プロのフォームを見ていると、
ダーツを投げる時に、一瞬溜め(ため)なのか、
硬直なのか分かりませんが、腕が止まりますよね。


小野恵太プロがイップスなんじゃないかという噂もささやかれていますが、


イップスなら、そもそもダーツは投げれなくなるので、
不調の中で、小野恵太プロが編み出した投げ方なんだと思います。


第3セットの最終レグで見せたクリケットでの絶好調ぶり。


まるでいままでのスランプと悪いウワサを吹き飛ばすような
試合を魅せてもらえてとても感動しました。



■どうしたロボ浅田!?大金星をあげた曲者は”ザマタツ”!






さて、前回で早くも年間優勝を決めた、浅田斉吾プロですが、
今回は、ベスト8進出前に対戦した坐間達哉(ざまたつや)プロに3-1で敗れるという波乱の展開に。


聞く所によると、坐間プロの予選通過時のスコアが、パーフェクト史上最高だったとのこと。


浅田プロが出だしが不調の時が、今年何度かありましたが、
そこをまさに好調の坐間達哉プロが突いて、
浅田プロが本調子を出す前に見事に封じたという印象を持ちました。


今季、ロボ浅田を倒すには、先手必勝なんだと思って動画を観てました。


次回第16戦は11月15日熊本
浅田斉吾プロの年間優勝は決まっていますが、
ダーツブロガーの私としては、波乱の展開を期待しています!(笑


【関連記事】

[次項有]ロボが今季9勝目。BDOで世界の浅田斉吾となるか!?(PERFECT 2015)

[次項有]ドラマティック・パーフェクト 松本恵プロの復帰戦がいい意味ヤバすぎる!(PERFECT2015 試合結果)

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

ドラマティック・パーフェクト 松本恵プロの復帰戦がいい意味ヤバすぎる!(PERFECT2015 試合結果) [ダーツの試合(プロ編)]

ドラマティック・パーフェクト 松本恵プロの復帰戦がいい意味ヤバすぎる!(PERFECT2015 試合結果)



PERFECT2015 第14戦 静岡 (10/17)
【男子決勝】

◯浅田斉吾 VS 山田勇樹 (2-0)

動画


【女子決勝】

◯松本恵(MEG)VS 大城明香利 (3-0)

動画



男子決勝において、今回も圧倒的な強さを見せた、
ロボこと浅田斉吾プロが山田勇樹プロを破り、優勝しました。


この優勝をもって浅田プロは、
PERFECT史上初、

・年間チャンピオン確定最短記録
・10度の大会優勝(年間)

を達成しました。


そして、女子決勝において、8試合ぶりの復帰をした松本恵プロが決勝で、
現在首位独走の女王、大城明香利プロを3-0で破り、
真の女王の実力を見せつけるような試合運びとなりました。


個人的にも、結婚後、PERFECTへの復帰をしてほしいと思っていた選手だけに、
復帰戦で、優勝までしてしまったので、2倍感動してしまいました。


以前にも、松本恵プロについては、


[次項有]記事:松本恵プロの日々の練習方法やジンクスとは?


でもお伝えしましたが、


今日もまた彼女についてふれてみようと思います。


スポンサードリンク






フォームの変化は?



今年度、松本恵プロのPERFECTへの出場は、第6戦(6/13)の仙台大会以来、約4ヶ月ぶり。
そして、優勝は、第4戦の神戸大会以来のようです。


今年結婚した松本恵プロ。
結婚後、しばらく休養に入っていたようです。


イベントへの出席などはセーブしつつも、仕事である、ダーツショップ(TITO)の店員は続けていて、
お客さんに誘われると、一緒に投げていたりしたようです。


休みの日以外は、お客さんと投げている時間を合わせて、
5時間くらいダーツの練習をしていたそうですから、


松本プロくらいの人にとっては、少しぐらいのブランクはどうってことのない話なのでしょう。


<第4戦 神戸大会>



前回、優勝をきめた第4戦の決勝戦です。
これと、今回の動画を見比べて見ても、私には一体どこが変わったのかが検討もつかない。
ダーツのセットアップも、フォームも何も変わっているようには見えません。


まるで職人のように、正確で綺麗なフォームです。
だから、きっと、素人が真似したら大やけどするフォームなんでしょうね(^^;


■利き目と利き腕が違う松本恵プロ



松本恵プロは、右利きなのに対して、利き目は左なのだそうです。


利き腕と利き目が違うので、最初はいろいろと矯正をしていたそうですが、


ある時、クローズドスタンス(スローラインに対して前足を平行に置く)で立って、
まっすぐ腕を振り下ろした投げ方が、自分にとって自然であることに気づき、


それからは、利き目を気にせず、矢が二重に見えることがあっても、
的と矢の軌道しか見ていないと言っています。


■松本恵プロは「猿腕」!?



解説の福永氏が言っていた「猿手(猿腕)」という言葉。


[次項有]⇒こちら


ようするに、O脚の腕バージョンということなんでしょうか。
まっすぐではないらしいですね。


フォロースルーの腕が外側に反っていたのが不思議に思いましたが、それが彼女の骨格の特徴。


まっすぐだろうが、猿だろうが、それぞれに合ったダーツの投げ方というのが必ずあるはずなので、
松本プロはきっとそんなこと気にしていないんでしょうね。


■松本恵プロのダーツ



松本恵プロはダーツのセッティングは5年以上変えていないそうです。
ザモラという名のバレルは、女性だけでなく、男性でも愛用している方が多いと聞きます。


[次項有]バレル :トリニダード Zamora


[次項有]シャフト:ラロ クリアレッド 260


[次項有]フライト:Flight-L MEG ver.2 レッド


[次項有]ティップ:リップポイント スノー ショート




【関連記事】

[次項有]松本恵プロの日々の練習方法やジンクスとは?

[次項有]プロのフォームを真似するのではなく、イメージを体に取り入れる方がうまくいく


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

ロボが今季9勝目。BDOで世界の浅田斉吾となるか!?(PERFECT 2015) [ダーツの試合(プロ編)]

PERFECT 2015 第13戦 新潟 (10/3)
浅田斉吾 VS 畑野千春 (◯2-1)


WS000006.JPG





今回を入れて残り5戦。


よほどの事がないかぎり、ロボこと、浅田斉吾プロの優勝が濃厚になってきました。


PERFECTのダーツトーナメントにおいては、
誰が優勝するのか?ではなく、浅田プロがあと何勝して優勝するのか?
という話になってきました。


■ダーツは30歳を過ぎてからが本番!



体力・集中力・技術。
どれをとっても、他のプレイヤーに抜きん出て優れている浅田斉吾プロ。


今回の決勝の相手は、先日エリアチャンピオンズカップで北海道チームを優勝に導いた畑野千春プロでした。


[次項有]⇒畑野千春プロの詳細はこちら


PERFECTランキングは22位。個人としての実力は北海道ではトップクラスのプロです。


動画を見ると、浅田プロに全く歯がたたない印象を与えてますが、
畑野プロもレーティング換算すると、20後半の数字をたたきだしています。


浅田プロのダーツが上手すぎるのです。ロボなのです!


見どころとしては、2セット・3レグ目の01ゲーム
浅田プロが12点を残し、次に141点を残す畑野プロ。


ここで決めないと、
次は浅田プロが8割以上の確率でフィニッシュを決め優勝という局面。


1投目:20T=60点 残81
2投目:19T=57点 残24
3投目:12W=24点 残0


で、高得点を見事にフィニッシュし、このセットをモノにした場面は感動しました。


次のセットは浅田プロの連取で試合は終わってしまいましたが、
この高得点のフィニッシュは、次のセットもやってくれるんじゃないか?
という期待をさせてくれたダーツでした。


解説が言っていましたが、スポーツは、普通、30歳を過ぎると実力が衰え、
引退するプロ選手が多いですが、


ダーツの世界チャンピオンは54歳ですし、
JAPANで常にBEST16入賞している谷田孝夫プロは還暦を過ぎています。


そして、畑野千春プロは45歳。


ダーツは力や若さだけでは、押しきれないスポーツですし、
経験値がたまるほど、いい意味で賢いダーツが打てるようになるので、
年齢が高いほど強くなるのかもしれません。


■本場イギリスでの世界大会に出場する浅田プロ



今回も圧勝の浅田プロ。


今年は、ソフトダーツだけでなく、
ハードダーツにおいても大会を制覇してきました。


先日開催された、
2015 JAPAN MASTERS 男子決勝
浅田斉吾 VS 竹田涼(◯6-1)



こちらも、世界大会に出場するための条件の一つになっていました。


ブログで、本人が告知をしていますが、
イギリスのBDO(British Darts Organisationの略)というダーツの組織が開催する、
BDO WINMAU WORLD MASTERS(ウィンモー・ワールド・マスターズ)へ向け、
イギリスへ旅立ちます。


[次項有]浅田斉吾ブログ
【飛べるはず理想の高さまで】

[次項有]世界大会
⇒BDOホームページ


世界から多くの猛者が集まるこの大会、
優勝賞金は、25,000ポンド=約4,545,455円と破格です。


日本と違ってイギリスは、ダーツを賭け事にするのは合法。
ダーツを運営する組織へ大金が流れ、会場の盛り上がり、ダーツ番組の視聴率も半端無く高いのです。


今回の大会は、出場人数が多いため、上位に入らないと地上波で見ることはできないそうですが、
浅田プロのロボのようなダーツであれば、世界のレベルに通用するのではないかと思います。


大会は今月8日からだそうなので、浅田プロのブログやTwitterを注意深くみておこうと思います。


【関連記事】

[次項有]ドラマティック・パーフェクト 松本恵プロの復帰戦がいい意味ヤバすぎる!(PERFECT2015 試合結果)


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

風間佑太プロ初優勝!後ろで祈る女性は誰!?(JAPANダーツトーナメント) [ダーツの試合(プロ編)]

風間佑太プロ初優勝!後ろで祈る女性は誰!?(JAPANダーツトーナメント)


JAPAN STAGE10 北海道 決勝
風間佑太 VS 鈴木猛大 (◯3-1)



9月12日に行われた、JAPANダーツトーナメント決勝。


派手なパフォーマンスで会場に愛想を振りまく、エンタメ系ダーツプレイヤーの鈴木猛大プロ。
彼のペースに一体どれだけ対戦相手が巻き込まれ、破れていったのでしょうか?(笑


この日行われた試合では、そんな鈴木猛大プロのペースに惑わされること無く、
終始冷静に落ち着いて(悪く言えば魅せるダーツではない)フィニッシュを決めた、風間佑太プロ。


JAPAN初優勝となりました。


風間佑太プロについてもちろん書くつもりですが、
動画の中で、風間佑太プロが投げている時に、後ろの最前列の席で、しきりに祈る女性は誰なんだろう?
と気になったので一緒に調べてみました。


■風間佑太プロについて



FACEBOOKを見るに、東京都文京区出身の30歳であることは分かりました。


スポンサーはG'sというバレルメーカーがメインのようです。


今年度のJAPANの総合ランキング14位。
最近行われたSTAGE11でも、BEST16入賞を果たしており、
この1、2年位で急激に名を上げてきたプレイヤーのようです。


まだ検索数自体が少ないため、これ以上のよくわかりませんでした。m(_ _)m


■風間佑太プロ 使用バレル



使用バレルは、G'sのSALMという名のバレルです。


【商品スペック】
素材:タングステン90%
全長:41.0mm
最大径:7.2mm
重量:18.0g
形状:トルピード
刻み:リングカット,ダブルリングカット
規格:2BA
重心:前


WS000005.JPG


[次項有]【本人によるバレル解説動画】



主に後ろに刻みが集中しています。
風間プロは、親指の腹と第二関節のあたりで矢を挟むように持っています。


後ろにしっかりした刻みがあることで、
特に親指との接している面積が多い持ち方をするプレイヤーは、
きざみがよく引っかかる分、投げやすいと思います。


SALMについてもっと詳しく知りたい方は、
⇒こちらで詳細を確認してみてはいかがでしょうか。



また、風間プロだけでなく、江口プロなど、G's所属のプレイヤー特集も組まれていますので、
興味のある方は、
⇒こちらも参考にしてみてください。(G'Sスペシャル特集)



■風間佑太プロ フォーム



フォーム動画(バードダーツ)



肩を内側に入れて、肘を固定させることでダーツを安定させるタイプのようです。


人間の骨格の構造で、これ以上伸ばせない、曲げられないという性質を利用するのは、
ダーツを投げる上で重要だと思います。
(何か、英文の直訳みたいですみません・・・。)


他の具体例は上げれませんが、こういう構え方をするプレイヤーは多いと思われます。


■気になる女性の存在



風間プロが投げる時、左後ろに座っている女性がいます。


風間プロを応援しているらしく、最後は祈りのポーズもしてました。


風間プロのFACEBOOKを追っていくと、
「熊谷麻音」という女性にあたり、この女性がJAPANのプロだということが分かりました。


【熊谷 麻音(まお)プロ(19)】


[次項有]熊谷麻音プロ 画像

・今年度JAPAN全出場。81位。

・12の頃からダーツをしていて、
 ダーツがしたくて地元青森から上京したらしい。

ナチュラルナイン池袋店(ダーツショップ)勤務

・L-STYLEに勤務。(シャフト、フライトメーカー)勤務


熊谷プロが、風間プロと一緒に写っている写真がFB上でたくさんあったので、
もしかすると2人は付き合っているのだろうかと考えてしまいましたが、


30と19の歳の差からすると、ちょっと微妙。
ただの友達かなぁとも。結局、不明です。


野暮な話になりましたが、お二人の今後の活躍を期待します!


【関連記事】

[次項有]ダーツにテイクバックはムダなのか?大内麻由美プロのフォーム考。

[次項有]「好きラブ」こと粕谷晋プロ、安定したダーツと試合運びで今季3勝!(JAPANダーツトーナメント)

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

「好きラブ」こと粕谷晋プロ、安定したダーツと試合運びで今季3勝!(JAPANダーツトーナメント) [ダーツの試合(プロ編)]

JAPAN2015 STAGE11 宮城 決勝(9/26・27)

粕谷晋 VS 仁木匠 (◯3-1)
(試合の動画は、後日掲載予定)

WS000001.JPG


やはり「好きラブ」は強かった。
本人は緊張したと語る今大会も、安定のダーツにしか見えませんでした。


最後の01。上がり目を落ち着いてフィニッシュ。
今季3度目の優勝となりました。


■JAPANトーナメントも後半戦に突入。



今季のJAPANで最も安定感のあるプレイヤーは誰かという質問には、
粕谷晋プロの名前があがると思われます。


今回のJAPANの試合は、HEATというイベントと同時開催しており、
1日目に前回のBEST16と戦う選手を決めるためのDIVISION2が終了しました。
本日は、決勝トーナメントからのスタート。
前回BEST16だったプレイヤーとの入れ替え戦です。


前回のBEST16と入れ替わったのは16人中7人と、今回もいれかわりは激しかったようです。


残念なことに、前回3位タイだった星野光正プロは、今回の入れ替え戦で負けてしまったために、
次回は再び予選トーナメントから勝ち上がらなくてはならなくなってしまいました。


入れ替わりの激しいJAPANの大会で、ここまで11戦中8戦はBEST16入賞しており、
3度の優勝、3度の準優勝をしている粕谷晋プロは凄いと思います。


粕谷晋プロのダーツの持ち方は独特です。
わりと指先の方で矢を持っています。


正直、あまり器用な持ち方、投げ方をしている印象はありませんが、
狙った所にピンポイントでHITします。


手首はどちらかというと固定しているように見えます。
ダーツは一度助走をつけてから、大きめにテイクバックをして、
指先で押すように投げているようです。


どういう風にスタンスしているかは、試合の動画からはみれませんが、
投げる姿勢からは、スタンダードスタンスに見えます。


■仁木匠プロについて



相手の仁木匠(にき たくみ)プロも、
今季STAGE9から、連続でBEST16入りを果たすなど、勢いをつけてきている選手です。ランキングは15位。


ネットで調べてみましたが、、まだ検索数がなく情報の少ない選手です。


分かったことは、神戸市出身であることと、WAIWAIというダーツバーの店長をしていること。
従業員であり、(弟子でもある?)JAPANプロの山本愛美プロが働いている。


ということでしょうか。





ダーツライブTVや下の動画を見ると、
矢は2本の指だけで持って投げているプレイヤーですね。
関西では有名なプレイヤーだと思われますが、JAPANではまだ謎の多いプレイヤーです。


次回STAGE12は、10/11 神戸大会。
いぜんとして混戦模様のJAPAN。あと7戦の間に順位の変動はありえると思います。


なお、粕谷プロがどうして「好きラブ」というあだ名がついたのかは、
↓の関連記事をどうぞ!


<関連記事>

[次項有]急成長する井上晋太郎プロのダーツの実力(ジャパンダーツ)

[次項有]風間佑太プロ初優勝!後ろで祈る女性は誰!?(JAPANダーツトーナメント)


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

畑野千春プロの変則クリケット作戦が策士!(第2回PERFECTエリアチャンピオンズカップ) [ダーツの試合(プロ編)]

第2回 PERFECTエリアチャンピオンズカップ決勝 in 名古屋 

北海道チーム VS 関東チーム (4-2)

北海道チームメンバー:石田絢也、畑野千春、森勇樹、高木静加
関東チームメンバー:知野真澄、樋口雄也、小野恵太、今野明穂





参加選手は、PERFECTの試合で決勝トーナメントを勝ち上がる強者ばかりですが、


とりわけ、関東チームは、
PERFECT個人戦では優勝経験者と決勝トーナメント上位者ばかりで構成された、
サラブレッドチームです。


前半の流れから、勝負は関東チームの圧倒的有利かと予想されていましたが、
北海道チームが、「砦」でも魅せた持ち前の団結力で、形勢逆転!
後半一気に4セットを取って、優勝を決めました。


決勝での最大の見どころともいえる、
関東チームを最後の最後で翻弄した変則的なクリケットとは、
どのようなものだったのでしょうか。


スポンサードリンク






■PERFECT エリアチャンピオンズカップとは?



[次項有]⇒大会概要・出場選手の詳細はこちら(PERFECT公式HP


"PERFECTエリアランキング上位者と、新人ランキング上位者でそれぞれチームを組み、
各エリア対抗の団体戦でチャンピオンを決定するカップ戦です。


2014PERFECTエリアランキング と 新人ランキング の男子1~3位の選手、
女子1位の選手に出場権が発生します。


”※上位選手が出場できない場合は、下位の選手へ出場権が移ります。"
(PERFECT HPより抜粋)


[次項有]記事:イケメンな上に、ダーツも強いなんて…!!(砦 2015)


でお伝えした「砦(とりで)」も選抜方法は違いますが、団体戦の一つです。


個人戦で優勝した選手が、決勝でも同じような強さを発揮できるとは限らない、
というところが団体戦の面白さです。


■策士、策にハマる!?



試合は、前半2セットを関東チームが選手したものの、
3セット目からは、北海道チームが怒涛の巻き返しで、一気4セット取って逆転優勝となった今大会。


第6セットの男女混合ダブルスのクリケット。
お互いが1レグずつ持って、3(最終)レグ目。(動画の1:13:50あたりから)


プロの試合はラウンド制限がないことが多いです。
そもそもレベルが高いので、数ラウンドで決着がつくことが多いです。


今回は15ラウンドの制限のなか、フルラウンドを使っての勝負となったのも印象的でした。


ダブルスで投げている男性は、関東チームの樋口雄也プロと北海道チームの畑野千春プロ。
樋口プロは、策士で相手が嫌がるダーツを投げるプレイヤーとして有名のようです。


独特なフォームで構えに入る、樋口プロ先制の20トリプル3本に対し、
北海道チームも19トリプル3本で返します。


お互いが接戦を繰り広げ、17,18の陣地で争っていたところ、
畑野プロが、高木静加プロに途中で15を狙うように指示している声が聞こえます。


解説も観ている方も、この時点では何の意図があるかは分かりませんでした。


13ラウンドまでには、北海道チームに15の陣地ができあがるも、
樋口プロが17で6マークを入れ、100点以上も差を広げます。


北海道チームは、畑野プロがどうにか17を閉めるにとどまります。


次のラウンドから、15を開けた効果が現れはじめます。


14ラウンド。残り6本。
100点以上有利の関東チームですが、


自分の陣地(16を開ける)を作るか、
相手の陣地(18と15)を閉めるかで悩み始めます。


今野明穂プロは、自陣を開ける方に動きました。
しかしこのラウンド16を1本、シングルしかHITせず。


対する高木プロは、18を3本5マークで約30点差まで縮めます。


最終ラウンド。
樋口プロ、かなり悩んでいる様子。
点数差があまりないため、相手陣地クローズにもいけない状況ととらえているようです。


解説の言葉を借りると、


・強気ならカット(相手陣地を閉めること)
・弱気なら加点(16を開けて加点)


このセットを落とすと北海道チームの優勝が決まるため、
このラウンドの攻め方は大事とあって、樋口プロは余計に悩みます。


畑野プロが、15をオープンしたのは、

・18をカットされた時の備え。

だけでなく、

・最終ラウンドに向かって相手が攻め方を悩むことで、集中を削ぎ、ミスを誘う。

という意図もあったようです。


「弱気」に加点にいった樋口プロ。
最初の2本4マークで、16点を加点したものの、


3本目は、前の矢にはじかれ、まさかのアンラッキー。
策士と呼ばれた男が、もう一人の策士に見事にハマりました。


最後は畑野プロが18を7マークし、逆転勝利での優勝となりました。


■次世代のクリケット戦略!?



変則的なクリケットを仕掛けた畑野プロの作戦がみごとに成功した決勝。
最後にとてもおもしろい試合を見ることができました。


15を入れ始めた時は、カットにも加点にも行かなかったので、
何の意図かわからないというところが、


畑野プロが言う、「次世代のクリケット」らしいです。


決勝でこの作戦を実行できたのは、

・3対2で有利だったこと
・クリケットを落としても3対3で、 好調の森・石田プロが後に控えていたこと


があったからだと言っています。 


うーん、お見事!


優勝カップは銅製で、持ち回りだそうですが、
カップには来年はどのチームの帯がつくのでしょうか?


【関連記事】

[次項有]イケメンな上に、ダーツも強いなんて…!!(砦 2015)

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

ダーツの名勝負 浅田斉吾 対 山田勇樹(PERFECT2015 第12戦 決勝) [ダーツの試合(プロ編)]

ダーツの名勝負 浅田斉吾 対 山田勇樹(PERFECT2015 第12戦 決勝)


改めて見ても、すばらしい試合でした!


大内麻由美プロインタビュー&男子決勝



女子決勝



さらに、こちらでは、
奥さんと子どもと写る浅田斉吾プロの受賞写真が拝めます。
(公式とはいえ、大丈夫かなとちょっと不安を覚えつつ・・・。)

[次項有]こちら(9ダーツTV)


今回も家で、ニコニコ動画からライブ中継を観戦していました。


何度も中継を見ているせいで、
最初から見ていると少し見るのが辛くなってきました。(^^;


決勝トーナメントに進むメンバーも、いずれも常連ばかりだったのですが、
個人的に気に入っている、森勇樹プロがベスト8に勝ち進んだのは嬉しかったです。


とはいえ、今回も、
ロボ(浅田斉吾プロ)とやんまー(山田勇樹プロ)で決勝だと思って見ていました。
そして、思った通りの結果になりました。


・・・でも、最後に、凄いものを見てしまいました。


スポンサードリンク






■この二人を何に例えようか?



今年度のパーフェクトの試合での、浅田プロと山田プロの対決は別格です。
ニコニコ動画では、この2人の凄さになんとかアダ名を付けたくてコメントが飛び交っていました。


浅田プロの「ロボ」というアダ名は解説の福永氏から生まれました。


山田勇樹プロはもともと「やんまー」と呼ばれていましたが、
対浅田戦になると、「オニヤンマ」とか言われてました。(いまいちしっくり来ません)


山田プロと浅田プロとは決勝で3度目。トーナメント戦でも(運悪く)何度か当たっていますね。


山田プロが優勝したのは、今年2回目。
決勝で浅田プロを倒して優勝したのは、PERFECT第2戦の1度だけです。


今年浅田プロとまともに戦えるのは、山田プロくらいなので、
ギャラリーは、いつやっつけてくれるのか、期待が高まります。


■ダーツ悩的ハイライト



レーティング30は当たり前の試合。(PHOENIXの最大Rtは30)


後半になるほど強くなるタイプの2人なので、勝負は最終セットの最終レグまでどうなるか分かりません。
クリケットの場面では、お互いが7マーク以上を叩き出し、9マークを何度決めたか分かりません。


トッププロの試合になると、
1投目、自陣開拓,2投目を自陣加点、3投目で相手の陣を閉めに行けるかどうかが、
勝敗を分けることになります。


しかも、9マークというのは、全てトリプルにヒットさせなければなりません。
プロにとっては、トリプルはブルぐらいの大きさに見えるんでしょうか?


・2セット目の第1レグ
山田プロ先攻の01。山田プロが24を残して有利な中、
浅田プロが136残しの場面で、先に136をフィニッシュする場面。
恐るべし。


・2セット目の第2レグ
第1セットを浅田プロが先取、続く第2セットの第1レグも浅田プロが先取したために、
後がなくなった山田プロ。


浅田プロが40点だが、20、18、15を占めている状態。
対する山田プロは49点だが、自陣を全てクローズ(閉め)されて、
絶体絶命の状態。


ここで魅せたホワイトホース(異なる3つのトリプルを9マークで閉める)!!
20、18、15を一気に閉め、勝負はブル合戦にもつれ込みました。


さすがは粘りのやんまー。
これがプロなんですね!


観客からも、ネットでも歓声が上がりました。


最後のブル合戦は、不利になった浅田プロが外し、
山田プロが落ち着いて2投でクローズしました。


このへんから山田プロに火が付き、
ランナーズ・ハイの人みたいに、笑顔でダーツを投げ始めました。


次のチョイスは01で、好調の山田プロが試合を有利に進め、
最後に28を一発でフィニッシュし、1-1となりました。


・最終セットのチョイス(クリケット)
クリケットは先行有利といいます。
山田プロが先攻をものにし、これはいよいよ優勝が見えたかと、
期待が高まりました。


20を開け、最初は山田プロ有利に展開していた最後のクリケットでしたが、


最後の最後で、山田プロの好調に影がさし、
僅かな隙を浅田プロが突くような9マークで一気に形勢逆転。


今季8度目の優勝を決めました。


■まとめ



最後悔しくて、やんまーがロボにタックル(相撲?)をする場面が見られます。(笑
浅田プロと解説のインタビューにも山田プロが乱入し、
悔しさを語っていました。


ほんと、見ている方も悔しすぎる試合でした。


でも、PERFECTでも1,2を争うような名勝負でした。
次回は、10月3日(土)新潟大会です。


次回から特別ルールとして、
浅田プロと対戦し倒した選手には、別途賞金が(5万?)が出るらしいです(!?)


次はリアルに見に行こうかな・・・。(~~;


【関連記事】

[次項有]ロボが今季9勝目。BDOで世界の浅田斉吾となるか!?(PERFECT 2015)


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ
前の10件 | - ダーツの試合(プロ編) ブログトップ
Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。