So-net無料ブログ作成
ダーツと気づき ブログトップ
前の10件 | -

ダーツが左右にブレてもブルってしまうズルい方法とは!? [ダーツと気づき]

ダーツが左右にブレてもブルってしまうズルい方法とは!?


例えば、ブルを狙ってダーツを投げると、矢が左側に偏って外れてしまいやすいとか、
右側にばかりいってしまうとか、ダーツをする人それぞれの癖の様なものってありますよね?


私は右利きだからなのか、スローラインのセンターに立って投げると、
結構な割合で矢がブルの左か左斜め上あたりに、嬉しくないグルーピングをすることがよくあります^^;


【続きを読む】


ダーツを腕の惰性を使って安定させる方法 [ダーツと気づき]

ダーツを腕の惰性を使って安定させる方法


ダーツを構えたら、まずテイクバックするために一度矢を引いて、
腕を前にだしつつ、タイミングをはかって矢をリリースする、


という動作をするわけですが、


ダーツそのものが軽いことから、
矢を引いたり、腕を振ったり押したりする動作1つ1つに、
意識して力を加減したり、腕の軌道を調整している方が多いと思います。


意識する以上は、軌道やタイミングがズレることが多いですし、
リリースのタイミングによっては、ヒジまでズレて結局、ダーツが毎回安定しない。


ダーツを毎回ほぼ同じように投げることは、ダーツの永遠のテーマだったりもするわけで、
プロでさえも難しい問題なのですから、素人の私にはとてもとても…というわけです。^^;


「毎回(ほぼ)同じ」というのは、動作の中に安定した何かがあるということです。


例えば、人間だったら誰しも反射や本能でやっている筋肉の動きを利用するというのも、
その「安定した何か」を作り出すヒントになると思うのです。


ダーツを投げ続けていて、私はそれを腕の筋肉に見出しまして、


ダーツを構えたら、ヒジから先の力を抜くと、、
腕が本能や惰性で勝手にやってしまう動作を利用してダーツを投げたところ、


より自然に腕が振れて、ダーツのコントロールが利き、
リリースタイミングもはかりやすくなったので、シェアしようと思いました。


前回記事:巷のダーツフォームのトレンドを疑ってみる3 粕谷晋(かすやすすむ)プロ


で書いたとおり、私は構えるとクセでヒジが外に開いてしまうのですが、
ヒジが外に開いていても、垂直であっても今回は誰でも利用できると思いますので、
安心してお読みいただければと思います!^^



続きを読む


巷のダーツフォームのトレンドを疑ってみる3 粕谷晋(かすやすすむ)プロ [ダーツと気づき]

巷のダーツのフォームを疑ってみる3 粕谷晋(かすやすすむ)プロ(JAPAN)


雑誌やネット上でダーツのセオリーについて見ていますと、


「ヒジを垂直に立てて、ダーツを構える事」


と書かれていることが多いです。


確かにヒジから腕が垂直に伸びている方が、
理論的にはダーツにしっかりと力を伝える事ができますし、


そのまま素直に腕をまっすぐ振れば、
ダーツもおのずとまっすぐに飛んでいくであろうという考え方なのだ私は思います。


そして、何よりフォームなど見栄えがいい。
ヒジを垂直になるように一度修正してから投げ始めるプロが多いのもうなずけます。


ただ、この修正をするという作業、
投げる人によっては、とても理性や労力がいるんじゃないか?と思うのです。


そして、私がその一人だったりします^^;


以下の写真は、私が何も意識しないでダーツを持って、
なんとなく矢を構えた時の写真です。


IMG_1200-1.jpg


IMG_1201-2.jpg


ちなみに、軸足(右足)が限りなく的に向かっていて、
どちらかというと、オープン寄りなスタンダードスタンスです。
(つまり、軸足のつま先が的の方を向いているということです。)


カメラの視線の先に的があり、
そこに向かって真っすぐダーツを投げたいと思っているとします。


写真を見てお分かりでしょうが、ヒジが外(右側)に開いています。


セオリー通りであれば、構えるときヒジが外に開くことは良くないと評価され、
外に開いているヒジを、肩を入れる(または脇をしめる)などすることで、
ヒジを一度修正してからダーツを投げなければならないでしょう。


修正してから投げることに慣れていて、骨肉にしみついている方は、
どうぞ、これからも修正スローを続けていただきたいわけですが、


ダーツは、「いつも狙ったところにダーツを入れる」というのが一番の目標なわけですから、


一つのセオリーにとらわれず、人それぞれ自分の生まれ持った骨格やクセを活かした、
ユニークなフォームで自由に投げたらいいんじゃないか?


というのが、最近の私の考えなんですね。


確かに写真の様に構えて、そのまま腕を振ると、
左に矢が飛んで行ってしまいますし、


リリースの瞬間に右に腕を払えば、多少修正はできるとは思いますが、
リリース次第でどこに矢が飛んでいくのかが予想しにくいはずです。
だから、矢も集まりにくい。


いつもなら、この構えで投げるのはナシだなって思って、
大人しく右に開いたヒジを左に寄せて、腕を垂直にするところです。


しかし、どうも自分の元々ある体の特徴をダーツに否定された気分で悔しかったし、
きっとヒジが垂直じゃなくてもダーツを思ったところに安定して飛ばす方法があるはずだと思っていたところ、


いました!
ヒジが私と同じように外になるのに、結果を出しているプロが!!



続きを読む


ダーツの飛びを良くするコツは中指にあり!? [ダーツと気づき]

ダーツの飛びを良くするコツは中指にあり!?
利き手ならぬ、利き指がある!?


続きを読む


少し胸を張ってダーツを構えた方が、うまくいく。 [ダーツと気づき]

少し胸を張ってダーツを構えた方が、うまくいく。


先月、漫画喫茶でやっていたくじ引きで、10時間無料券が当たりました。(しかも2枚!)
ダーツの神の真意は分かりませんが、タダでダーツをする権利を2度も手に入れました。


シルバーウィークは、タダ券を使って強化練習。
さすがに10時間は無理でしたが、1回6時間は練習しました。


ここ最近、不調が続いていましたが、2回で12時間やったら、
色々と気づきもあり、さすがに上達した気がします。


タイトルは、その中で気づいた、1つのシンプルな結論です。


・・・といっても、上体が後ろに反れるような胸の張り方は逆効果。
あくまで姿勢を正すつもりで、という程度にです。


シンプルですが、胸を少し張ったことで2つのことに気づきました。


スポンサードリンク






■胸を少し張ると、体が固定する。



私にとって、ダーツをまっすぐに、思ったところへ飛ばすためには、


・構えた位置=矢を離す位置 
・リリースまではヒジを動かさない。


の2つが必要なのではないかと、思っています。


この2つのルールを破ると、ダーツのブレが縦にも横にも大きくなって矢がうまく命中しません。


でも、この2つのルールを守って投げようにも、
投げるたびに構える位置も、リリースの位置がずれてしまいます。


プロですら、いつも同じ動作できているわけではないので、
完璧は求めませんが、もっと安定させたい。


そう思って、オンライン対戦中に、猫背になっていた悪い姿勢を正すために、
たまたま胸を少し張って投げたところ、急にうまくいきました。


すこし胸を張ったことで、


・肩とヒジの位置が一直線上に並ぶ。
・ヒジから先は地面に垂直になる。


あとは素直に腕を前にふれば、矢は真っ直ぐに飛ぶという体勢ができました。


■体・矢・ヒジ・的を一直線にできた



ダーツの基本で、体と矢と的(狙いたい所)は一直線に結ぶようにといいます。


すこし胸を張っただけで、上半身は一直線になりました。


上半身の姿勢が悪くなると、ヒジの位置が知らないうちにズレてきます。


しかし、胸を張ることで、構えた時のヒジの位置は、
常にかかとの辺りで固定されることに気づきました。


自分の重心は、つま先側にありますが、


例えばブルを狙うときには、


ブルを、つま先ではなく、かかとに合わせてスタンスすると、
体・矢・ヒジ・的を一直線にすることができ、狙った所にダーツが飛ぶようになりました。


■まとめ



結論。


いままで一つ一つ細かく調整しなければならないことが、 「胸を張る」という簡単な動作で全てが楽になった


姿勢って大事!今日の事で、Aフライトへの足がかりがつかめた様な気がします。


<関連記事>

[次項有]・ダーツの通過点を一定にすると

[次項有]自分のダーツを忘れたくなければメモを取れ!?

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

常にターゲットの正面に立ってダーツを投げる方がうまくいく [ダーツと気づき]

常にターゲットの正面に立ってダーツを投げる方がうまくいく


ブルを狙うときって、どうしてスローラインの真ん中に立って投げるのでしょう?


それは、ブルが的の真ん中にあるから。


ブルが真ん中にあるから、ブルと自分が最短距離にある、
スローラインの真ん中に立って投げるほうが楽だから。


じゃあ、ブル以外のターゲットに向かって矢を投げる時は?


その時も、狙いたいところをブルだと思って、
立つ位置をターゲットに合わせて左右に移動しながら投げた方がうまくいくんじゃないか?


最近思うようになりました。


[次項有]記事:上体を使ってダーツの高さを調節するとうまくいく。


この記事では、高さを調節するために、
下半身は固定して、上半身の動きだけでターゲットを狙うようにと書きました。


前回記事の方法の場合は、真ん中に立ち位置を決めたら、
立ち位置を動かさずに、上半身で向きや高さを調節するものです。


この方法の他にも有効な方法はあります。
それが今日のタイトルです。


スポンサードリンク






■なぜいつもスローラインの真ん中に立ってダーツを投げるのか?



狙う所に合わせていちいち左右に移動することで、
いったん構えを解いてしまうので、集中が途中で切れやすいデメリットがありますが、


狙う場所に合わせて、狙う場所の正面に立つことでのメリットは、
立ち位置を常に固定する方法に比べて、ターゲットとの距離感覚が同じくなることです。


的との距離感にまだ慣れていない、初、中級者におすすめの方法だと私は思います。


スローラインによっては、点が描かれていたり、埋め込まれているものもありますから、
点を目安にして立ち位置を決めるといいです。


点1つ動くだけで、だいぶ結果が変わってくるので、
思った以上に動かなくてもいいことに気づいてもらえればとおもいます。


点がなければ、投げる前に腕をまっすぐ伸ばしてみて、
狙う場所の正面に立っているかを確かめるといいです。


【関連記事】

[次項有]上体を使ってダーツの高さを調節するとうまくいく。

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

赤松大輔プロのダーツフォームを取り入れてみた。 [ダーツと気づき]

赤松大輔プロのダーツフォームを取り入れてみた。


手首を後ろに倒すことで、ダーツが手の平に乗っている感じがして落ち着くんですよね。


先日のJAPANの試合を見ておりまして、
赤松大輔プロのダーツのフォームが参考になったので、
自分のダーツの中に取り入れてみようと思ったのです。


今まで後ろに重心がくるように、バレルの頭と尻尾をわざと逆にするという、
変則的なダーツセッティングをしていたのですが、


本来の前重心に戻したとたんに、腹立たしいほど飛びと命中が良くなりました。


ダーツのバレルは、ちゃんと制作した人の意図に従って使わないとダメだよって、
教えられた気がします^^;


スポンサードリンク

エスダーツオフィシャルプレイヤー
ザ・バレルコレクション2015 開催中!
⇒詳細



■なんだか、本当にお盆が乗りそうだ・・・



赤松プロのフォームの参考動画がこちら。

[次項有]こちら(YOUTUBE)


藍園プロの投げる時間が異様に遅いのは、今は置いといて、


赤松プロのフォームを見てみると、構えた時から手首が後ろに倒れていて、手の平が寝ています。


バレルの後ろを深く持つタイプのプレイヤーは、手の平が真上にくるように倒してあげることで、
矢を安定させて構えることができるようです。


手首の力と、肩の力を抜くことで手首から先を柔らかく倒すことができます。


手首や肩は緊張していると力が入りがちなので、
この構えでセットアップできれば、緊張しているとき、フォームやメンタルのチェックができそうです。


矢を投げると、振った腕といっしょに手首も勝手に前に返るので、
手首のスナップが利いて矢がきれいに飛んでいきます。


また、リリースの瞬間、手首のあたりで一瞬タメが利いて、矢を押しだす感覚が気持ちいいです。


■肩から先に、見えない壁ができている感じ



・肩から肘は水平。
・肘を張りつつ、肘から手首まではやや手前に。
・手首から上は、お盆を乗せられるくらい水平に。


というふうに構えてみると、これ以上はほとんど曲げられないところまで関節が固定されているので、


手の甲、腕の外側、上腕二頭筋(力こぶができるところ)、肩で
見えない壁のようなものができている感覚があります。


肩から指先までいい意味で固定化されているので、
いつも同じフォームで構えやすいのではないでしょうか。


■赤松大輔プロのバレルとグリップ



[次項有]ダーツ バレルMONSTER×CDJ 24 CHROME <2BA> 21g
【モンスター×コアダーツジャパン 24クローム
⇒詳細



手首を後ろに倒すようにすることで、
自然とグリップも親指の腹と人差し指の根本を使っているのが、赤松プロの特徴です。


バレルの刻みが後ろにだけ集中しているのも、
赤松プロはダーツを持つ指の接地面積が大きいことを重視しているからです。


21グラムと比較重いバレルを使用しているのは、
構えた時に手の平にしっかりとバレルの重みを感じ、
自分が今何を持って投げようとしているのかをいつも感じていたいからなのでしょう。


【関連記事】

[次項有]鈴木猛大プロ、辛勝のダーツ。(JAPANダーツ)

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

ダーツは手首が命? [ダーツと気づき]

ダーツは手首が命?



日本のプロのフォームを見ていると、
リリースからフォロースルーに至るまでに手首を返してますよね。


そのプロのフォームを真似て、多くの初、中級者もまた、
投げた後手首を返しているのを見かけます。


投げた時に手首を返さず、手のひらが的と対面している状態は、
矢を置きに行っているように見えることから、
「置き投げ」と呼ばれ、上級者程嫌う傾向にあるようです。


とはいえ、リアルな試合では、どんなに格好悪くても、
気持ちでブルにぶっこんだ者勝ちなところがありますし、


置き投げをゲーム中にやったからといって、
他人はそこまで自分に関心があるわけ、ないんですよね(笑


ダーツに自意識過剰は禁物。気軽な気持ちで投げ続けていれば、
次第に手首の力が抜けて、投げた流れで手首がかえるものだと思うんですね。
というか、そもそも手首は必ずしも返す必要があるんでしょうか?


スポンサードリンク






■SWINGか?PUSHか!?



ダーツの投げ方は大きく2つに分かれると思います。


腕を振って投げる=スウィング型と、
腕を押すように投げる=プッシュ型に分かれます。


どちらかに100%偏る人は少なく、
多くの人は、無意識のうちに、振る行為と押す行為をブレンドしながら矢を投げているので、
自分の投げ方は、この2つのどちらの比率が高いかということになります。


■それぞれの特徴



スイング型は、肘を支点にして、腕を振ります。
リズムを取りながら投げる人が多いのは、矢のリリースポイントが、一定でなければ、
狙った所に入らないからです。


点(一定のリリースポイント)で投げるダーツと呼ばれたりします。


外人選手に多いと言われていますが、
次の動画を見ると、必ずしもそんなことはないと思います。


#6【Leonard E Gates VS Paul Lim】THE WORLD 2015 STAGE 3 FRANCE -FINAL MATCH-



これは、今年のTHE WORLD STAGE3 フランス大会決勝の動画です。


対戦しているのは、
ポール・リム選手と、レオナルド・E・ゲイツ選手です。
二人の投げ方は、対照的です。


まず、レオナルド選手のスローイングを見てみますと、
同じリズムを取りながら、腕を振るように投げています。


レオナルド選手の試合展開を見ていると、
リズムさえ合えば、常に同じ所にグルーピングし、爆発力のあるダーツをします。


反面、何らかの拍子にリズムを狂わされると途端に入らなくなり、
クリケットのスタッツがプロらしからぬ程低くなってしまうのが欠点です。


コントロールを利かせるためには、手首の柔軟性が必要とは思われますが、
脱力しながら腕を振れば、手首は自然に反るので、
意識すべきは、脱力ということなんでしょうね。


一方、相手のポール・リム氏は、ダーツの世界では知らない人はいないくらい
生ける伝説となって久しい選手。


リム氏の投げ方は、どちらかというと矢を押して投げていますね。
プッシュして投げるためには、人間の骨格からしてスウィングの様に、
肘は固定しながらは無理なので、


肘は逆に柔軟にしつつ、矢を離す時に、肘が少し跳ね上がる形になります。


逆に、手首を意識的に返すどころか固定されていて、
投げ終わると手首から指先が真っ直ぐ伸びている印象です。


振るよりも押す方が、矢に力がかかりやすいので、
ちゃんと脱力しないと、左右に大きく矢がぶれてしまうのが欠点です。


矢を”気持ち”を込めて投げる人は、プッシュした方が投げ心地がよいのではないかと私は思いました。


■スイングとプッシュの比率は投げているうちに変わっていくもの



スイングとプッシュの比率って、投げ方によって自然に決まってくるものだと思っています。
自分にとって今のところ一番自然な投げ方が、たまたまスイング寄り、プッシュ寄りだったということです。


また、手首は返さなければならない、肘は絶対に動かしてはならないというよく言われるダーツの常識は、
スイング、プッシュによって非常識だったりするので、


自分にとって自然なフォームに意識を傾けた方が上達が早いのではないのかと、
動画を見ていて思ったことでした。


関連記事



[次項有]手首にスナップをかけてダーツを投げるのは有害?

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、
ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログパーツ

ダーツの軸足、利き手じゃない方はどうするの? [ダーツと気づき]

ダーツの軸足、利き手じゃない方はどうするの?


以前から4スタンス理論に基づいて、自分の軸足やフォームを学び、実践してます。


[次項有]4スタンス理論:自分の軸を探し楽にダーツを投げたいあなたへ


[次項有]4スタンス理論:自分のダーツへの落とし込み
  

では、軸足ではない方の足、そして、矢を投げない方の手はどうしておけばいいのか?
少々気になっていました。


ポイントとして、


・軸足に対する、軸足ではない方の足との間隔や位置。

・矢を3本握っている利き手ではない方の手の位置。


この2つを少し意識して改善することで、もフォームが安定し、矢のブレをまた少し減らすことができるようです。




スポンサードリンク







■1 後ろ足



前足(=スローラインに置いている方の足)が軸足の場合、
前足の位置を決めたら、後ろ足は腰幅に開いて自然に足を置いた場所になります。


前足に体重の9割を載せ、後ろ足にはほとんど力を入れないというより、ただ置いてる感じです。


背の高さに限らず、股は腰幅くらい開いて立っている時が、一番ラクだといいます。


2 逆利き手



「利き手ではない方の手」の名称って、実はあるようで無いらしいです。


なので、勝手に「逆利き手」(ヤフー知恵袋参照)という名称を使います!


最初に3本のダーツを持っている方の手のことです。


的を見つめたまま、投げる度に矢を見ないで、矢を手から手へと受け取れることは、
Bフライトになれば無意識でやっていると思いますが、


脇腹にくっつけている逆利き手の手首のくるぶしを、
みぞおちに付けるように今よりもう少し上に腕をもっていきます。


すると上半身が、少し右側を向いて、左骨盤と右肩を繋ぐラインができあがり、体軸はますます安定します。


まとめ



普段意識をしない方の手足について意識を向けてみましたが、
正直なところ、あまり深くは考えないでいいのかなと思っています。^^;


【関連記事】

[次項有]前のめり解消法【ダーツと自己修正】


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

ダーツはイメージ? [ダーツと気づき]

ダーツはイメージ?


「ダーツ=◯◯である。」


◯◯には、場合により、人にもより色々な言葉が入ると思いますが、
今日は投げていて、色々と◯◯ だなぁと思ったので書いてみようと思いました。(^^


スポンサードリンク






■ダーツ=メンタル



今日も3時間ほど行きつけの漫画喫茶で自主練習をしてきました。
昨日の記事で、森勇樹プロのフォームについてとりあげました。


[次項有]前回記事:巷のダーツフォームのトレンドを疑ってみる~その2


森勇樹プロと渡部紘士プロの投げ方に共通点がある、と昨日の記事で書いたことを思い出して、
今日は漫画喫茶に行く前に、二人のフォームを動画で目に焼き付けてから家を出ました。


行きつけの漫画喫茶にはDARTSLIVE2のマシンが二台設置されていて、
うち一台ではすでにRt16の人が黙々と投げ込んでいました。


ダーツはメンタルだと思って、隣でカウントアップで1000点出しているような人が、
真ん中にどれだけ突き刺していようが、平常心を保つ練習をしておりました。


とはいえ隣に誰がいても、投げ始めから1時間くらいは、いつも通りしんどい展開でした。^^;
敵は己にありですね。


前回うまく行った時のフォーム、矢速、グリップ…etc。
毎日投げていても、どこかで体の中から抜け出ていってしまうもの。


1時間後、原因は、

1 肩がブロックされた影響が、肘、手首にも出ていてダーツに力が伝わらなかったこと。

2 自分が思っていた以上に、矢を強い力で投げていたこと。

ということが分かりました。

■肩のブロック外しは簡単だった



1つめについての解決策は、店長にお願いして入荷してもらったソフトダーツバイブルのお陰でした。
ここに連載中の4スタンス理論コーナーに書いてありました。


どちらかの腕をただ上げて、下ろしてから構えるだけ。でした。


特に胸を張って投げるAⅡタイプのプレイヤーには効果があるようですね。


このタイプは胸を張ったつもりでいて、実は肩甲骨を突き出していたことで、
肩が上がらなくなるんだとか。江口祐司プロが言っていました。


自分の場合にも、投げているうちに肩が凝ってフォームがガチガチになってくるので、
この方法は簡単なので、修正方法の一つとして今後も使おうと思いました。


■ダーツ=イメージ



2つめの解決策は、家をでる前に見てきたプロの動画でした。


プロのイメージを自分に憑依させると言ったらいいんでしょうか?
遊びのつもりでやってみると、効果がすぐに現れるのでテンションがあがります!
自分はイメージゲームと勝手に名づけています。


ワンタンおよび、森プロの脱力系の軽やかなダーツ。
見た目は地味だけど、狙った所に正確に矢が向かうイメージ。


まるで自分がプロになったかのように投げる。
プロなんだから、このフォームで投げれば、少ない力なのにちゃんと矢の先が狙った所に、
不思議と刺さるんだと。


完全になりきろうとすれば、フォームが不自然になるからダメなんですが、
気持ちを真似るということでしょうか、漠然として伝わるかどうか微妙ですが^^;


最初あれだけ苦労して投げていたのがバカバカしいくらい、
急にグルービングが良くなり、今日はじめてのハットトリックが出ました。


最初から自分の中では脱力して投げていたつもりだったのですが、
まるで紙飛行機を投げるレベルの力で投げるのが正解だったようです。


集中が深くなって、ダーツの重さが手に伝わって、
本来、このダーツに伝えるべき力で投げなければならないことがわかってくるんですが、
今のところ持続時間は、2ゲーム分といったところでしょうか。^^;


リアル試合のことを想うと、この集中状態を最初の段階から思い出して、
もっと長く続かないものかと思いながら今日も漫画喫茶を後にするのでした。


【関連記事】

[次項有]ダーツのカウントアップで500点を超えた日


[次項有]ダーツのフライトやシャフトが外れない工夫


[次項有]ダーツの肩抜き。それは肩の力を抜くことではない!?


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ
前の10件 | - ダーツと気づき ブログトップ
Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...