So-net無料ブログ作成
ダーツのマナー ブログトップ

ダーツの試合のマナーは、ダーツバーで学ぶ。 [ダーツのマナー]

ダーツの試合のマナーは、ダーツバーで学ぶ。


漫画喫茶やゲームセンターで、格安でダーツを投げることができる今、
ダーツバーでダーツを投げる意味は何でしょう?


それは、
酒を飲んでふざけてダーツを投げているようでも、


客は、知らないうちにマナー、マシンの操作、試合での振る舞い方など、
バーでなければ体験できないことがたくさんあるからなのかもしれません。


今日は、ダーツバーで学ぶ試合のマナーについてお伝えしようと思います。


スポンサードリンク






■現状、試合に出るにはダーツバーを経由しなければなりません。



現在、ダーツの試合に出るためには、ダーツバーで申し込まないと出れない仕組みになっています。


都市部では、漫画喫茶からも出場できるようですが、
実際にダーツの試合に出てみると、ほとんどがダーツバーを経由して大会に出場しています。
(店のロゴが入ったTシャツを大会で着て、客同士連帯感を高めている店も多い。)


店ごとに休憩用のイスやテーブルが用意されているので、
出場人数の少ない漫画喫茶だと、プレイヤーは会場の隅で肩身の狭い思いをするんじゃないかな、と。


最初は、個人で申し込み用紙に必要事項を書いて店に提出すれば大会に出場できると思っていましたし、
なぜ、個人で出場できないのか不思議でした。


「ダーツバーの特権か、汚ねぇなぁ・・・」


とさえ、思っていました。


■参加者が増えるとどうなるか。



仮に、試合の運営局のサイトから個人で自由に試合に申し込むことができる仕組みであれば、
参加者は今よりも増えるし、運営が儲かることになるので、運営側としてはダーツの試合がやりやすくなるはずです。


しかし人数が増えることで、マナーの悪い参加者や、それを応援する質の悪い人が増える可能性も増えます。


現に、今も会場で試合でのマナーだけでなく、ゴミをまともに捨てることすらできない人が一部いて、
今後同じ会場でダーツの試合が行われない可能性もあるそうです。


ダーツの試合会場では、酒を飲みながら試合ができるという、
ダーツならではの特徴があるため、まともじゃない人の数は確かに多いです。^^;


ただ、ダーツで勝とうという思いや、しくじった時の相方に対する申し訳無さなどがあるため、
完全に正気を失わない(?)のが不思議なところです・・・。



■マナーの悪い客を試合に出すということは・・・。



以前にもマナーについてお伝えしたことがあります。


[次項有]記事:酩酊しても覚えておきたいダーツの掛け声とマナー


会場では、酒を飲みつつ、緊張感と戦いつつ、
楽しく、マナーを守って試合では普段練習してきた成果を出すことが一番大切なことですよね。


ところが、

・試合を放棄した

・相手選手と暴力込みでモメた。

・明らかにレーティング(過小評価)を詐称した。


などをするとどうなるか。


問題選手は、多分、会場に出入り禁止になるでしょう。


そして、一番とばっちりを食らうのは、そんな選手(客)を出場させた店(ダーツバー)です。


その店から問題を起こした選手だけでなく、誰も大会に出れなくなってしまいます。


期間はまちまちですが、1年とか、ヘタしたら今後一切出れないなんて話にもなります。


店(のマスター)は試合の度に、こういったリスクがあるだけで、
運営側から出場人数に応じてバックマージンをもらってるわけではないため、正直、店側にとって選手を試合に出すことになんのメリットもないそうです。
(出場選手が優勝すれば、ほんのちょっと店の知名度があがるというところでしょうか。)


それでも、出場を望む客がいる以上、
出るなら、それなりにマナーのある客に出場して欲しいのが人情というものです。


だから、選手同士には気持ちよくダーツを投げてもらいたいし、そうしてもらわないと困る。


店も試合に出る人には、練習の中でしっかりと試合の知識や、
気持ちよく試合をするためのマナーを教えるのです。


逆に、そういうとこが適当な店でダーツを投げるのは危険です。
(試合に一切出ないというなら話は別ですが・・・)


漫画喫茶の練習で1人黙々と練習しているだけでは、身につかないことはたくさんあります。


最近では中学生でもダーツができるようになったし、
18歳以下限定の大会もやるようになりましたよね。


未成年でダーツバーに行くのは難しいとおもいますから、


それなら近くのダーツショップに行って、店員さんからマナーや掛け声を学ぶのがいいと思います。


最近はダーツショップで高校生がダーツの試し投げをしてるってこともよく聞きますし。


ダーツ人口が増えても、今後もマナーを守ってダーツをする人が多いことを自分は切に願います。


【関連記事】
・酩酊しても覚えておきたいダーツの掛け声とマナー

【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、
ありがとうございました。


読んだ記事が気に入っていただけましたら、
下の人気ブログランキングバナーへのクリックをお願いします。


より多くの人に親しまれるブログへと進化します。






スポンサードリンク






ブログパーツ

ダーツのオンライン対戦で気をつけること  [ダーツのマナー]

ダーツのオンライン対戦で気をつけることとは!? 


ダーツのオンライン対戦では、最低限のマナーを守った上で、
他にも実戦を意識してやったらいいと思うことが2つあります。

それは、

・騒音の中でも自分のダーツに集中すること
・相手が投げている最中は、スローラインから離れる

です。


スポンサードリンク






このブログを見てくれている方の中には、
まんが喫茶やゲームセンターなどで、オンライン対戦をする方も多いと思います。


勝負の前後に、ダーツの液晶画面の向こう側の人に手を振ってみたり、
おじぎをしてから勝負を始めるのをマナーだというのは、暗黙のルールになっているようです。



■最低限のマナーを知っていればそれでいい



まんが喫茶での練習時は、ターゲットの指押しや、途中で試合を放棄したりしなければ、
カメラの向こうの相手のマナーは自分はあまり気にしない方だと思ってます。


(クリケットで無意味に陣地を広げたり、レーティング狙いで点数を盛るなど、
攻め方が気に食わない時はありますが、これも立派な戦略の一つだと思って耐えてください^^;)


私の場合は、試合の初めだけ相手に向かって手を振って、
終わったらマシン搭載の「スマイルボタン」で挨拶代わりとする程度です。


カラオケや卓球などとの複合施設だったりすると、
そちらの騒音や、野球投げでダーツを投げるお兄さんの方がよほど気になります。


とはいえ、実戦(試合)では、両隣の台で、狂ったように盛り上がっている中でダーツを投げるので、


施設内の不快な騒音を感じつつも、自分のリズムを保ってダーツを投げるというのは、
ある意味いい訓練だと思っています。


逆にそれでイライラするようだと、実際の試合でも同じことが起こります。


■リアルな対戦を意識する。



2つ目の、
「相手が投げている最中は、スローラインに立たない」ということについて。


漫画喫茶でダーツの自己練習をする目的は、
ただの自己満足だけでなく、実際に人と対戦するためです。


オンラインだと、相手が投げている間も、
そのまま自分の体勢を変えずにスローラインに立ったままでいることができます。


でも、実際にダーツバーで生身の人間とダーツをしているとき、
相手が投げている最中、自分もスローラインに立ったりはしませんよね?


投げ終わって、いったんスローラインから離れることで
自分の番が回ってきた時に、さっきと同じように構えて投げれるかという練習になります。


カメラの向こうで、画面から消える人は、
もしかしたら、わざとスローラインから離れているのかもしれません。


一度スローラインから離れることで、
スタンスもセットアップもバラバラになるので、前より入らなくなるかもしれませんが、
実戦を無視した練習で、レーティングを上げるよりは自分のためになると思います。


【関連記事】

[パスワード]ダーツ上達のために、Aフライトに勝負を挑む!

[次項有]ダーツのセットアップって凄く重要!

[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、
ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

酒に酔っても覚えておきたいダーツの掛け声とマナー [ダーツのマナー]

酒に酔っても覚えておきたいダーツの掛け声とマナー


ダーツは一人でも成立するので、普段の練習を漫画喫茶でやる人は多いと思います。
自分の投げ方を見失った時など、自分のプレイにだけ集中するにはよい環境です。


ただ、メンタルの強化という面では、鍛えられているかどうかは疑問です。


確かに、マシンに搭載されているWEBカメラの向こう側に世界各国自分の相手は立っていますが、


一言も会話(せいぜいカメラに向かって手を振るくらい)を交わすことも無いまま対戦を終えるあたりが、
現実味に欠けています。


私も漫画喫茶で黙々と投げすぎたために、
たまに後ろから知り合いに声をかけられても声ができなかったことがありました。(^^;
コミュニケーション障害になってしまった気がして、少し凹みました。


スポンサードリンク






■ダーツバーってどんなところ?



ダーツはコミュニケーションツールでもあります。


「生の人間」同士で投げるダーツには、個人練習にはない独特の雰囲気と間合いがありますし、
実際の試合ともなれば、目の前で対戦相手がプレイで自分にプレッシャーをかけてきます。


普段からプレッシャーに慣れておかないと、気持ちで相手に負けてしまいます。


ホンモノのAフラになるためには、ただダーツがうまいだけでなく、
相応のメンタルも向上させなければならないようです。


ダーツバーは、ダーツを共通項として、初めての人とでも仲良く慣れる場所です。


ダーツバーに行くと、マスターやスタッフが積極的に話しかけて来たり、
気を利かせて別のお客さんと対戦するように促してくれたりするので、


よほどマナー違反をしない限りは、誰かしらに構ってもらえる所です。


対戦とかマナーという言葉がでてきましたが、
対戦中の自己表現手段は自分や相手のダーツプレイになるわけですが、


この時の掛け声はゲームを円滑に勧める上で特に大事です。
会話の合いの手と一緒だと思います。


挨拶や掛け声を知らなかったばかりに、自分に集中しすぎて忘れたりしたせいで、
次から誘ってもらい辛くなり、居心地が悪くなったのでは目も当てられないです。


うまくても下手でも、シラフでも酔っぱらいでも覚えておきたいことです。


■酒に酔っても覚えておきたいダーツの掛け声とマナー




人間一度に色々と覚えてられないのは、ダーツバーにいる人ならみんな分かっていることなので、


これだけは知っておけばあとは何とかなるということを今から挙げてみます。


1 対戦前と後は必ず簡単な挨拶を忘れない




基本。


「お願いします」と明るく笑顔で言いながら、
利き手の拳を握って、相手とグータッチでゲームスタートです。


対戦後も、同じような動作で、「ありがとうございました」って
明るく言えればそれでいいんです。


そう。明るくというところがコツ。


負けてドリンク奢らされて悔しい時でもできるのが紳士の嗜み。


2 ナイスダーツ!は万能な掛け声



ダーツは掛け声が大事。
ゴルフも打った後、「ナイスショット!」とか、「ファ~!」などの掛け声があるように、
ダーツも相手が3投投げ終えた時に、
「ナイスダーツ!」とか単純に「ナイス!」って言えればいいのです。


あと、みんな基本はブルに向かってダーツを投げているので、
それを外して悔しそうな表情をしていたら、「ナイストライ!」って掛け声も知っておけば完璧です。


マナーとして、3投投げ終わるまで相手のダーツを評価してはいけません。


1投毎にいうのは、投げてる人の集中力を乱すので、逆にNGになります。


掛け声をかけられた方は、「どうも~」とか「は~い」とか
何かリアクションする心の余裕はもっておきたいものですね。


慣れてきたら、今後はこちらのサイトなど見て
すこしずつ言葉を覚えていくといいです。


[次項有]こちら



3 投げている人の視界に入らない気遣い。



罰ゲームでもなければ、お互い最高のパフォーマンスで投げるべき。
相手に近寄らない、後ろで控えてさえいれば、この問題は余裕でクリアです。


4 対戦後は、試合内容などを酒のネタに親睦を深める



勝ち負け以上に、それ以上にダーツバーに来る理由は、
ダーツをネタに、普段会社などでは到底知り合いになれない人と利害抜きで仲良くなることです。


相手が常連さんなら、次もこの場所で出会うでしょうでし、
うまい人ならば、今後教えを請うこともあると思います。


もしかして近い将来一緒にダブルス戦でダッグを組んで試合にでる人かもしれません。


せっかくダーツを通じて得たチャンス。大事にしていきたいものですね。^^


【関連記事】

[次項有]ダーツの試合のマナーは、ダーツバーで学ぶ。


[次項有]ダーツのオンライン対戦で気をつけること


[次項有]ダーツの試合の賞金について調べてみた(PERFECT)


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ
ダーツのマナー ブログトップ
Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...