So-net無料ブログ作成
検索選択
不調時の自己修正方法 ブログトップ
- | 次の10件

ダーツで腕や肩を早く温める方法は? [不調時の自己修正方法]

ダーツで腕や肩を早く温める方法は?


サボらずダーツを投げ続けていれば、カラダは次第にあたたまってくるもの。


カラダが早く温まってくれた方が、投げていて快適ですし、好調です。
狙った所に入りやすくなるので、投げていて楽しいです。


好調で、楽しい時間はできるだけ長い方がいい。
そしてウォーミングアップにかかる時間は、できるだけ短くしたいもの。


投げる前に、上体や腕を軽くひねったりして、簡単なストレッチをするのも有効ですが、
ストレッチだけでは体は温まらないので、やはり投げながら調節していくしかありません。


試合の日なら、一刻も早くブルに当てられるように調節したいという思いは強くなります。


できるだけ早く腕や肩をいつもの調子へと調節するには、どうしたらいいでしょうか?


[次項有]アームサポーターを装着するのも一つの手段。
プロも愛用の爆発的大ヒットサポーターはこちら。【ダーツハイブ】



■ウォーミングアップは、カラダや指先温めることを優先する。



投げ初めからブルに矢を入れることよりも、
腕や肩に油を差すつもりで、肩から指先を温めることを優先します。


冬になると、金属製のバレルがメチャクチャ冷たいので、
できれば温かいおしぼりで、バレルを包みたい気分になります。^^;


漫画喫茶だと、カップにお湯を注いで、バレルを浸しておきたいところですが、
ネジ穴に水が入ってサビの原因になりそうなので、オススメはできません。


ウォーミングアップに関しては、プッシュ重視の投げ方が有効



普段のダーツの投げ方は人それぞれ何でもOKなんですが、


ウォーミングアップに限っていうと、矢をプッシュして投げる方が温まりが早いです。
矢を押す動作をすることは、肩や腕の関節をまっすぐ伸ばす動作でもあります。


ウォーミングアップが不完全なカラダは、関節が縮んでいるので、
プッシュする動作で関節を伸ばすことを意識します。


また、ウォーミングアップの時だけ、あえていつもよりも強めにダーツを投げるのも有効です。
ウォーミングアップで、カウントアップをする人が多いと思いますので、


カウントアップ1ゲームだけ、ブルに入ることを無視して、
強めにダーツを投げることに充てると、肩や腕が温まりやすくなります。
(だからといって、野球投げはマナー違反なのでナシ!)


メンタル面でも有効なプッシュ投げ



体が温まったら、徐々に力みを減らしていき、いつもブルを狙う投げ方に戻していきます。
スイング重視の人は、プッシュをやめてしまってOKです。


もう一つ。
プッシュでウォーミングアップを行うと何が良いかというと、


プッシュは気持ち(気合い)で矢を投げる方法だからです。


矢を強く押し出す動作は、試合の緊張感を気合ではねのけるように見えませんか?


ウォーミングアップで早めに、しっかりと力んでおけば、
試合など本番で楽な気持ちでダーツが投げることができるはずです。


だから、
プッシュでのウォーミングアップは、メンタルのウォーミングアップと言えるのではないでしょうか。


以上、ダーツで腕や肩を早く温める方法についてお伝えしました。


【関連記事】

[次項有]ダーツは手首が命?


[次項有]ダーツのやる気を維持するには?【Cフライトからの脱出】


[次項有]4スタンス理論:自分のダーツへの落とし込み


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ

ダーツのフォームを自己修正する。 [不調時の自己修正方法]

ダーツのフォームを自己修正する。


お盆期間中の漫画喫茶は週末料金。


平日ワンコインで3時間の投げ放題の美味しさを考えると、どうにも店から足が遠のいてしまいがち。


今日はお盆明け最初の平日ということで、3時間みっちり投げ込んできましたよ~^^


不調だったのか、3時間も終わるところでやっと体が温たまってきました。


ここでやめると、今日は何の収穫もなく帰ることになりますし、
次来た時、前回の感覚を取り戻すのがより難しくなると思ったので、結局5時間投げました。


・・・さすがに疲れました。


スポンサードリンク






■以前の記事を思い出しながら、フォームのおさらい



対戦を繰り返すほど、ひどいスコアを叩き続けた上、負けの連続。


台を何度蹴ってやろうかと苛立つ自分との勝負。


さて、どうしたらいいのか?


[次項有]記事:ダーツの通過点を一定にすると


まずは、同じ所で矢をリリースできるように意識してみました。


そのために、
リリースポイント直前で、
「ここ!」と隣に聞こえない程度に呟きながら矢をリリースするというアイデアが浮かびました。


実際に同じタイミングでリリースできたのか、
狙った所(主にブル)は外すものの、矢のグルーピングがよくなりました。


3本が同じ場所に集まりやすくなったので、一度に矢を抜くことができるようになりました(笑


自分で同じリズムを取ることで、自然と心も安定してくるので、いいコトずくめです。


次の問題が見えてきました。
苛立つと、ブルをモロに見るクセがついていました。


[次項有]記事:ダーツは半眼で集中する。


人の目は1点だけでなく、周りのものもボヤケつつも一緒に見ることができます。


周辺視野というらしいです。


自分がテイクバックとリリースをしている様子も周辺視野で見ることができるのです。


ところが、ブルだけに視点が集中しすぎると他が何も見えなくなってしまいます。


周辺視野を使って手の動きを見るためには、
ブルは見えているんだけど、集中して見ていないことです。


矢を最初に構えた位置にまた矢と腕が通って行くところが確認できると
矢が手元から真っ直ぐ飛び立っていくところが見えました。瞬間、ブルの効果音が聞こえました^^


ダーツでの集中はどこか一点をじっと見つめているよりも、
周辺視野で全体をぼんやりと見ている方が、より集中していて、スコアがよかったりしませんか?


■まとめ



5時間みっちり投げたおかげで、ここ最近の目標にしていた、


・01スタッツ80から90(8ラウンド24投でフィニッシュするとこの数字がでる。)

・クリケットスタッツ平均3マーク以上(最後のブルで手間取らなければ、この平均値は出すことができる。)


という、Aフライトになるために必要な数値を何度もクリアしました。
このように不調になっても、自己修正できる力をこれからも養っていきたいと思います。


他にも使えるアイデアがあれば、どんどんシェアしていきます^^


【関連記事】

[次項有]ダーツでヒジを真っ直ぐ立てて構える簡単な方法って?


[次項有]手首にスナップをかけてダーツを投げるのは有害?


[次項有]前のめり解消法【ダーツと自己修正】


[次項有]【オンラインダーツショップ窓口】 ダーツハイブ



今日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
下のリンクをクリックorタップしていただくだけで、
より皆様のお役に立てるブログになります。
応援よろしくお願いします!^^

[次項有]人気ブログランキングへ




スポンサードリンク













ブログパーツ
- | 次の10件 不調時の自己修正方法 ブログトップ
Copyright © ダーツ悩 Bフライトからの脱出 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。